譲渡所得税 について

土地・建物を譲渡による所得は、譲渡所得として扱われる。
この場合の所得の計算式は次のようになる。
譲渡所得=譲渡収入−(取得費+譲渡費用)
このうち、譲渡収入とは土地・建物を売却した代金、取得費とは土地・建物の購入代金等(但し、建物は減価償却費を控除)、譲渡費用は土地・建物を売却するために支出した印紙代や仲介料等の費用
を指す。
また、譲渡年の1月1日現在で、所有期間が5年を超えるか否かにより、所得税の課税率が異なる。
すなわち、所有期間が5年超である長期譲渡所得の場合は所得税が15%、住民税が5%、5年以下の短期譲渡所得の場合は所得税が30%、住民税が9%である。


譲渡所得税に関連するページ

所得税
退職所得,雑所得,山林所得,一時所得,譲渡所得の10種類の所得に分けることができます。 所得の種類と,その主な内容を見ていきます。 利子所得 預貯金・国際などの利子の所得のことを指しま

所得税 控除
借入金で新築又は中古の居住用家屋を取得したとき、増改築したときは、家屋と土地等についての年末借入金残高に応じて、所得税について住宅借入金等特別控除(住宅ローン税額控除)を受けることができる。 この所得税控除の適用を受けるためには以下の条件をクリアする必要がある。 1.取得又は増改築の日から6ヶ月以内に住むこと 住宅の床面積が50平米以上で取得又は増改築後の家屋の床面積の半分以上が居住用であること 2.借入金は償還期間が10年以上であること 3.中古住宅の場合、築後20年以内(耐火建築物の場合25年以内)であること 4.増改築の場合、その費用が100万円を超えること 5.その年の所得金額が3000万円以下であること 6.居住用財産を譲渡した場合の特例を受けていないこと 所得税控除率については、居住年によって異なるので注意が必要である。

譲渡所得税
譲渡所得 譲渡所得とは財産を売って得た所得で、その財産の種類によって税金の計算が異なります。土地・建物・株式以外の財産を売ったとき…他の所得と総合して税金を計算します。 譲渡所得には,ゴルフ会員権など

譲渡所得税
譲渡所得 土地や建物を売ったとき 土地や建物を売ったときの譲渡所得は、次のように計算します。   譲渡所得=譲渡収入-(取得費+譲渡費用) 譲渡収入 = 土地建物を売った代金

譲渡所得税
譲渡所得 相続で取得した土地や建物を売った時 ・取得費は、被相続人(死亡した人)が購入したときの代金となります。その購入代金がわからない場合などは、売却価額の5%とすることもできます。 ・長期と短期

譲渡所得税
譲渡所得 自分が住んでいる家屋とその敷地を売った時 自分が住んでいる家屋とその敷地を売った場合には,居住用財産の譲渡所得の特別控除,居住用財産を譲渡した場合の税率の軽減,居住用財産の買換え等の特例が

譲渡所得税
譲渡所得 株式を売った時 株式を売ったときの譲渡所得は、次のように計算します。 譲渡所得=譲渡収入-(取得費+譲渡費用) 譲渡収入=株式の売却価額 取得費=

譲渡所得税
土地・建物を譲渡による所得は、譲渡所得として扱われる。 この場合の所得の計算式は次のようになる。 譲渡所得=譲渡収入−(取得費+譲渡費用) このうち、譲渡収入とは土地・建物を売却した代金、取得費とは土

所得税 基本通達
を補てんするための金額及び令第95条《譲渡所得の収入金額とされる補償金等》に規定する譲渡所得に係る収入金額に該当する部分の金額を除く。) (注)1  収入金額又は必要経費に算入される金額を補てん

個人 所得税
る売上げ、アパート等の賃貸料、株式等の譲渡益等の所得に対して課税される。 市民税の税額計算の基本的な仕組みは国税における所得税とほぼ同じだが、所得税は1年間の所得に対してその年に課税されるのに対し、

事業所得 税
ら生ずる所得で、不動産所得、山林所得、譲渡所得を除いたもの」をいう。 事業所得は、対価を得て継続的に行なう事業が対象となる。不動 産所得や山林所得も対価を得て継続的に行なっているものですが、所得 の

所得税 株
株式を売った場合、その収入に対し譲渡所得として所得税を支払う必要がある。 この場合の譲渡所得は以下のように計算する。 譲渡所得=譲渡収入−(取得費+譲渡費用) 譲渡収入=株式の売却価額 取得費=株式

所得税 計算
税金を支払う。 山林所得、土地建物等の譲渡による譲渡所得、株式等の譲渡所得等の所得に適用される。 源泉分離課税 所得を支払う第三者が、支払の際に一定の税率で所得税を源泉徴収し、税務署に納税する。

所得税法
所得税法とは、所得税について、納税義務者、課税所得の範囲、税額の計算の方法、申告、納付及び還付の手続、源泉徴収に関する事項並びにその納税義務の適正な履行を確保するため必要な事項を定めたもの(所得税法1条)。 広義の所得に対する税のうち、個人の所得に対する税金について定めた法律である。 個人の所得を次の10種類に区分して所得税課税を行う。 利子所得 配当所得 不動産所得 事業所得 給与所得 退職所得 山林所得 譲渡所得 一時所得 雑所得

軽自動車税
課税制度はない。従って、4月2日以降に譲渡や廃車した場合も、月割でなくその年度の軽自動車税額全額について課税される。 納税者に以下のような特別の事情がある場合には、軽自動車税の減免を受けることが出

印紙税 契約書
消印して納付する。 なお、「不動産の譲渡に関する契約書」、「消費貸借に関する契約書」、「請負に関する契約書」などの「契約書」とは、契約の当事者が、契約の成立があったことを明らかにするために作成する

住宅 固定資産税
軽自動車等の所有者は名義人であるため、譲渡した場合に名義変更を怠ると、譲渡したにも関わらず軽自動車税の納税義務者となり納税通知書が送付される場合があるので注意が必要である。 盗難にあった場合は、市町

印紙税 税額
税が課税される。 売上代金とは、資産を譲渡することによる対価、資産を使用させること(当該資産に係る権利を設定することを含む。)による対価及び役務を提供することによる対価をいい 、手付けを含む。 株券

印紙税法 契約
る契約書は、これまでと同様に「不動産の譲渡に関する契約書」又は「請負に関する契約書(建設工事の請負に係る契約に基づき作成されるものに限られる。)」のうち、これらの契約書に記載された契約金額が1千万円

印紙税法 非課税
事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡や貸付け及び役務の提供」並びに「輸入取引」を課税の対象する。  しかし、これらの取引であっても消費に負担を求める税としての性格から課税の対象としてなじまない

印紙税 非課税
税されない。 この13項目の中に印紙の譲渡が含まれ、消費税が課されない。 但し、限定された場所以外での譲渡は課税取引となる。例えば、金券ショップでの譲渡は課税取引である。また、印紙が収集対象として

自動車税 還付
者が1年分を負担し、年度途中で自動車を譲渡しても、元の所有者には還付されない。 しかし、自動車を抹消登録した場合には、抹消登録した月の翌月分から月割りで還付される。自動車税の還付については、自動車の

譲渡所得税
譲渡所得とは、資産の譲渡による所得。 譲渡所得の対象となる資産は、土地、借地権、建物、船舶、機械器具、漁業権、取引慣行のある借家権、ゴルフ会員権、特許権、著作権、鉱業権、土石(砂)、特定の有価証券、

贈与税 税率
総合課税の譲渡所得額の計算は以下の通り。 1.資産売却額?(取得費+譲渡費用)=譲渡益 2.譲渡益?譲渡所得の特別控除額=譲渡所得額 譲渡所得の特別控除額は、その年の長期の譲渡益と短期の譲渡益の合計

住宅取得税
譲渡所得に対しては、所得税と住民税が課税される。不動産の場合は、通常の所得税・住民税とは分離して課税され税率も異なる。そこで、不動産の譲渡所得にかかわる税金は、一般に「譲渡税」または「譲渡所得税」と

譲渡税
譲渡所得に対しては、所得税と住民税が課税される。不動産の場合は、通常の所得税・住民税とは分離して課税され税率も異なる。そこで、不動産の譲渡所得にかかわる税金は、一般に「譲渡税」または「譲渡所得税」と

収入印紙 税
な文書が課税文書に当たる。 不動産等の譲渡契約書、土地の賃借権設定等の契約書、消費貸借契約書、運送契約書 請負契約書 約束手形、為替手形 株券、出資証券、社債券、投資信託等の受益証券 合併契

不動産 譲渡税
不動産を譲渡した場合には国税として所得税、地方税として住民税が課せられる。 これらの税額は、譲渡益に対して計算される。 譲渡益とは、譲渡によって得た利益であり、以下の計算式によって計算される。 譲

所得税 源泉徴収
源泉徴収は所得から行います。 つまり所得の発生する場所、人から人へ、企業から人へ、人から企業へ、お金の動く場面では、必ず源泉徴収がなされているのです。 この中でもっとも一般的なのは、給与からの源泉徴収でしょう。俗に天引き、と呼ばれているものです。 ただし給与から源泉徴収するといっても、所得とはそもそも収入から必要経費を引いたもののことです。 契約を取るために買ったオシャレなネクタイやスーツは必要経費とはならないのでしょうか。 サラリーマンとは会社と長期契約を結んだ個人事業主にほかならないわけで必要経費が発生していることは認められています。しかしその必要経費にいくらかかったとみなすかは税法で決められています。ちなみに衣服に関しては、特別な専用服でない限り、必要経費とみなさないことが一般的です。 必要経費に相当する控除を給与所得控除と呼び、収入金額に応じて、一定の計算式によって求められます。 そして給与から給与所得控除を引いた額が所得となり、これに源泉徴収がかかり課税の対象になるわけです。 このような給与所得のほか、利子所得、配当所得、事業所得、不動産所得、退職所得、譲渡所得、山林所得、一時所得、雑所得などがあり、それぞれに源泉徴収のされ方が違います。 各詳細については、是非とも弊社サイトをご活用なさってください。

不動産 税金
ょう。 不動産売却時に生じる税金である譲渡所得については///不動産 売却 税金///をご参照ください。 その他の不動産売買に関しては///不動産 売買 税金///をご覧になってください。 当サイト

株 税金
株式投資が人気ですが、株で得た収入にも当然、所得税がかかります。 上場株式等の配当金に対する源泉徴収税率は平成20年3月31日までは10%(所得税7%、住民税3%)で、これは預貯金の利子に対する源泉徴収税率の半分に相当します。 しかし同年4月1日からは20%(所得税15%、住民税5%と税率が上がります。 従来は上場株式等の配当金に対する税率は、株式一銘柄あたりの配当金の額により課税方法が変わってきましたが、平成15年4月以降は、源泉徴収のみで確定申告不要の源泉分離課税にするか、源泉徴収をされた上で配当控除を受けられる総合課税による確定申告にするかのどちらかを選択できます。 株で得た収入への控除に関しては///配当所得///をご参照ください。 平成15年以後に生じた上場株式等の譲渡損に関しては、他の有価証券と合算して赤字がでる場合に譲渡損分を3年間、繰越控除できます。 ただし株式の譲渡損は、給与所得や事業所得とは合算できません。

土地 売買 税金
税金がかかります。 土地を売った側には譲渡所得が生じるのでこれに税金がかかり、土地を買った側には不動産取得税はじめ、登録免許税、印紙税がかかります。 土地や建物を売った場合、売った年の1月1日現在で

バイク 税金
ません。 逆に、4月2日以降に廃車や譲渡してもその年までは課税され、月額での減額はありません。 バイクの燃料であるガソリンにも税金がかかってきます バイクに乗られている方はなんらかの保険に入ってい

軽自動車 税金
てきません。 逆に4月2日以降に廃車や譲渡してもその年までは課税され、月額での減額はありません。 軽自動車の燃料である軽油にも税金がかかってきます。 軽自動車に乗られている方はなんらかの保険に入って

不動産 売却 税金
不動産を売却したときに生じる利益は譲渡所得として、所得税と住民税が課税されます。不動産の売却益は、給与などの所得とは合算されず分離課税されます。 この売却益からも、ほかの所得と同様に必要経費を引くこと

土地 売却 税金
r /> 土地を売却するということは譲渡所得を得る。ということですので、譲渡所得についての税金についての情報をご参照になるといいでしょう。


土地 税金
n="right">個人の土地や家屋の譲渡所得に対して
法人税 国税
fx 税金
し雑所得のみです。山林所得、給与所得、譲渡所得、事業所得などとは合算できません。 5.ただし税金の税率については、他の所得と合算した額が累進税率の評価対象となります。FXの赤字の方は上述のように、