所得税 扶養控除 について

所得税の納税者に所得税法上の扶養親族がいる場合、一定額の所得控除が受けられます。扶養親族とは配偶者以外の親族です。納税者と生計を一(いつ)にしているひとです。まが合計所得金額が38万円以下である必要があります。納税者から、青色申告者の事業専従者にしている場合は扶養控除の対象となりません。控除額は扶養対象の人の年齢、特別障害者か否か、によって決まります。扶養親族のうち、その年の12月31日時点での年齢が16歳以上満23歳未満の人を特定扶養親族といい、控除額は63万円。扶養親族のうち、その年の12月31日現在の年齢が満16歳以上満23歳未満の人を、老人扶養親族といい、控除額は48万円です。


所得税 扶養控除に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。