所得税 税率 について

所得税の最終的な税額は、課税所得×所得税率で決まります。所得と収入は違いますので注意が必要です。
法人税の税率は原則として30%です。フリーランスや、個人事業主、自営業者などが、法人化を考える際などには、個人として累進課税に基づいて支払う税額と、法人での税額との兼ね合いで、所得が一定を超えた場合、法人化のメリットが大きくなり易いです。一般的には1000万円以上の収入がある場合には、専門家に相談の後、法人化に至るケースが多いようです。
また、税率は所得に応じて決まりますが、たとえば330万円を超えたからと言って全部の税率が20%になるわけではありません。所得が350万円ならば、350万円に20%の税率が適用され税額は70万となりそうですが、実際は330万円分に対して10%の税率が課され、350万円から330万円を引いた20万に対して20パーセントの税率が課されるため、その合計である37万円が税額となります。
また、住民税も所得に対して税率が決定されます。また、事業税の税率は、累進課税ではなく一律です。


所得税 税率に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。