所得税 計算 について

所得税額の計算
所得税額を計算するための制度のうち、分離課税制度には、
源泉分離課税制度、申告分離課税制度がある。
所得の種類により、この2種類のうちいずれを計算に用いるか異なってくる。

申告分離課税
確定申告によって、分離課税を行う場合。
損益を1年分合計して確定申告を行い、決められた税率にもとづいて税金を支払う。
山林所得、土地建物等の譲渡による譲渡所得、式等の譲渡所得等の所得に適用される。

源泉分離課税
所得を支払う第三者が、支払の際に一定の税率で所得税を源泉徴収し、税務署に納税する。申告は不要である。
預金や債券の利子、投資信託の収益分配金等の所得に適用される。


所得税 計算に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。