退職金 所得税 について

退職所得
退職金・一時恩給などの所得のことを指します。勤務先を退職する際に一時に受け取る退職金(小規模共済の共済金を含む)、一時恩給などを退職所得といいます。長年の功労について一時に課税されるため、他の所得とは別に計算し、税額が軽減されています。
具体的な計算方法は
  (収入金額-退職所得控除)×1/2
となります。

退職所得控除は,
勤続年数が20年以下の場合、40万円×勤続年数(80万円未満の時は80万円)
勤続年数が20年を超える場合は,800万円+(70万円×(勤続年数-20年))
となります。

なお障害者になったことが原因で退職した場合は,100万円を加算します。

退職の日までに、勤務先に「退職所得の受給に関する申告書」を提出すると、退職金から所得税と住民税か?源泉徴収されて納税が終了します。ただし、確定申告をすることで定率減税の適用があり、一部税金が戻る場合もあります。 「受給申告書」を提出しなかった場合は、支給のとき20%の所得税が徴収され確定申告が必要です。


退職金 所得税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。