退職所得 住民税 について

退職所得の課税方式はまず、他の収入と、退職に際して支払われた額(退職収入)とを区別し、この退職収入のみの額から退職所得控除額を引きます。退職所得控除額は、勤続年数20年までについては、1年につき40万、継続年数が20年以上の場合は、1年について70万円です。この額に対して、金額に応じて退職所得の税率が決まっていますので、この税率をかけて、支払い税額を求めます。対処特所得の税率は、330万以下は10%、330-900万の場合は20%、900-1800万は30%、1800万円以上の場合は、37パーセントです。これらの計算式については退職所得の課税額計算サイトをご覧ください。


退職所得 住民税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。