源泉 所得税 について

源泉徴収票は所得を一般に証明する際に利用されることも多い。
サラリーマン等が確定申告をする場合、源泉徴収として既に納付済みの税金を、医療控除等の申請にもとづいて還付してもらうケースが多いが、この際にも必要な書類とな
る。個人事業主や自営業の場合、青色専従者給与等を支払場合、「給与所得者」となる。この場合原則として翌月10日までに国に支払う義務がある。これを経費として納入することができるが、同時に源泉徴収の義務が発生する。毎月源泉徴収して、それを税務署へ申告する必要がある。ただし、常時雇い入れている従業員の数が10人未満の場合には、源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書兼納期の特例適用者に係る納期限の特例に関する届出書」の提出により、半年に1回の申告ですむようになる。1月-6月分を7月10日まで、7-12月分を翌年の1月20日(納期の特例)までに支払う必要がある。職業形態の多様化により、デザイナーや弁護士等の士業(=自由職業)の場合、所得税を源泉徴収されて報酬・料金等を支払われることが多くある。源泉徴収する場合、従業員からは「扶養控除等(異動)申告書」を提出してもらう必要があります。扶養控除等申告書は、主たる給与の支払者に毎年1回必ず( 1月1日現在で)提出してもらう必要がある。「源泉徴収税額表」は税務署から送られてきたり、国税庁のホームページにも掲載されている。


源泉 所得税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。