源泉徴収税 について

源泉徴収税とは、給与を受ける度に引かれている所得税のことです。
いわゆる天引きのことだと思っていただいて結構です
源泉徴収の対象がほとんど所得税からということで、源泉所得税とも呼ばれます。
ではこの源泉徴収税はどのようにして決定されるのか。
まず、日払いか月払いかによって大きく異なります。これは算出に使う早見表自体が、日額表、月額表、と分かれていることからも明らかです。この計算方法と源泉徴収税額表(早見表)についての詳しい説明は弊社サイト内、該当項目をご参照ください
またサラリーマンとして月毎に給料をもらっているのか、それともフリーの営業マンとして報酬で生活を立てているのかでも大きく違ってきます。
詳しくは弊社サイト内、源泉徴収の項などをご参照ください。
そもそも企業に限らず、従業員を雇っている給与の支払い者には、給与からあらかじめ源泉徴収した所得税を毎月税務署に納める義務があります。逆に言えば、給与を受ける側にはこの分の税を毎月企業に代行して支払う義務があるわけです。
ただしこの毎回の源泉徴収(天引き)に関しては、概算なので、年度末には年末調整あるいは確定申告の必要が生じてきます
こちらについても、弊社サイトをご活用ください。


源泉徴収税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。