源泉徴収 について

源泉徴収とはなにか。
数ある税のなかでも、消費税と並び、私達市民の生活にもっとも直接的に関わってくるこの制度について正しく説明できる方は実はかなり少ないのではないのでしょうか。
源泉徴収とは、給与・報酬などを支払う会社や個人が、給与を受取る側の私達に代わって、あらかじめ給与から所得税などを差し引いて国などに納付する制度・義務のことです。
分かりやすくいえば、日本では俗に天引きと呼んだりするものです。
天とはお上、つまり政府のことで、私達が受け取る「給与」が「手取り金額」になってしまう原因がこの源泉徴収制度にあるといってよいでしょう。
税金を納める義務のある私達国民の側からみたメリットとしては、納税の義務を簡単に履行できる点と、一年分の税金を毎月づつに分割して納められる点が挙げられます。
国民側のデメリットとして、源泉徴収は給与発生の度に概算で行われるため1年間を通して少なくない過不足が発生するにも関わらず、会社(給与支払者=源泉徴収義務者)が年末調整を行うか、国民自身で確定申告を行わない限り差額分が返ってこない、あるいは知らず知らず納めるべき金額の税を納めていないという事態が頻繁に発生してしまうことがあります。この問題に関してはこのサイトのかなり多くの場で詳しく述べていますのでケースに合わせてご参照下さい。
一方、政府側のメリットは確実に税金を徴収できる点につきます。
また、政府側のデメリットも国民側のデメリットと同じ点、すなわち国民が確定申告をしないと正確な税の徴収ができない点にありますが、国民が税を納めすぎているケースがほとんどのため政府側のデメリットは比較的小さいといってよいでしょう。
年末調整が導入されたのは、申告納税制度が始まるのと同時だったというのも象徴的といっていい話です。
つまり、自分の税額を自分で計算して納める制度が始まるのと同時にそれを会社で代行できる制度が始まったわけで、これは政府として、国民各自が自ら申告することにより税金のごまかしが増えて税収不足になることを恐れたためといわれています。
いまや国税庁の発行しているパンフレットの源泉徴収の項に、申告納税制度は「建前」であると明記されているほど、源泉徴収は税制の前提となっています。
そもそも源泉徴収はナチス・ドイツが軍資金を確実に集めるために考え出された制度で、日本でも戦中の1940年にそれに倣って給与への源泉徴収が始まった経緯があるほどなので、その徴税効率の高さは推して知るべしです。
戦後、多くの国で源泉徴収が採用されたのも徴税に優れた制度であるからでしょう。
ところで「源泉」には<水・温泉などのわき出るところ>という意味のほかに、<物が生ずるところ>という意味があり、物が生ずるところから直接(税を)徴収するという意味になるわけです。
ちなみにイギリスだと源泉徴収はtaxation at the source 。
sourceは源泉の意なので日本とほぼ同じ用法です。
他方アメリカでは withholding tax といい withhold は、与えない、差し控える、保留する、という意味をもつのでこれはまた直接的な表現になっています。
現在なんとなく年末調整だけを受け、確定申告をしていない人のうち、しっかりと確定申告を行えば払いすぎた税金が返ってくると見込まれる人の数は少なく見積もって300万人はいるともいわれています。
最後になりましたが、これまで語ってきたように源泉徴収と言えば、通常、所得税の源泉徴収のことを指しますが、広い意味では給与・報酬などの支払いの際に所得税や住民税・社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料など)等を差し引いて国などに収めることも源泉徴収と呼びます。


源泉徴収に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。