源泉税 について

源泉税とは、所得の支払者が、支払時に所得税額を予め差し引いて納税するものである。
所得の受領者が税務申告をしたうえで納税する、という場合と異なり、受領者は所得を受け取った時点で既に課税されるべき所得税が差し引かれていることになる。
例えば、弁護士や税理士に報酬を支払う場合、依頼者が源泉徴収を行う必要がある。
源泉徴収義務者は、一定の報酬料金を個人に支払う場合に以下の源泉徴収を行う必要があるためである。この場合の徴収税額は、支払金額×10%(1回の支払金額が100万円超の場合には、その超える部分の金額には20%)である。


源泉税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。