土地 税金 について

土地と税金について 土地と家屋については税制上、同じような取り扱いをします。 日本では不動産、特に土地は資産のうちの重要なウェートをしめ、土地の扱いにおける税法の整備も進んでいます。 (いいかれば、土地を扱う際にはいろいろな税金を取られることになります。) 取得時にかかる税金
税金の名前 国税地方税種別 税金を払うケース
印紙税 国税 土地や家屋の売買契約書、工事請負契約書等を作成したとき
登録免許税 国税 土地や家屋を登記するとき
消費税
国税 家屋を取得したとき
不動産取得税 地方税 土地や家屋を取得したとき
特別土地保有税(取得分)
地方税 2,000m2以上(東京都23区内)の土地の取得があったとき
相続税
国税 土地や家屋などを相続したとき
贈与税
国税 土地や家屋などの贈与を受けたとき
地方消費税 地方税 家屋を取得したとき





持っているときにかかる税金

税金の名前 国税地方税種別 税金を払うケース
固定資産税 地方税 毎年1月1日(賦課期日)に土地や家屋を所有しているとき
都市計画税 地方税 毎年1月1日(賦課期日)に土地や家屋を所有しているとき
特別土地保有税(保有分)
地方税 2,000m2以上(東京都23区内)の土地を所有しているとき
※ただし、平成15年度以降の特別土地保有税については、当分の間、新たな課税は行われません。


貸したときにかかる税金
税金の名前 国税地方税種別 税金を払うケース
所得税 国税 個人の土地や家屋の貸付に対する不動産所得に対して
法人税 国税 法人の土地や家屋の貸付に対する不動産所得に対して
個人事業税 地方税 個人が不動産貸付業を営む場合
法人事業税 地方税 法人が不動産貸付業を営む場合
住民税 地方税 個人又は法人の土地や家屋の貸付に対する不動産所得に対して
消費税 国税 国内にある建物等を事業として対価を得て行われる貸付けに対して
地方消費税 地方税 国内にある建物等を事業として対価を得て行われる貸付けに対して


売ったときにかかる税金
税金の名前 国税地方税種別 税金を払うケース
所得税 国税 個人の土地や家屋の譲渡所得に対して
法人税 国税 法人の土地や家屋の譲渡所得に対して
住民税
地方税 個人又は法人の土地や家屋の譲渡所得に対して
印紙税 国税 土地や家屋の売買契約書等を作成したとき


使っているときにかかる税金

税金の名前 国税地方税種別 税金を払うケース
事業所税 地方税 東京都23区内合計して、1,000m2を超える事業所床面積を使用して事業を行っているとき


土地 税金に関連するページ

所得税
退職金や事業から獲得した利益、あるいは土地や株式などを売って得た利益などに対して発生します。 わが国の納税者の多くは給与所得者(いわゆるサラリーマン)で、年間の所得が2,000万円以下の場合には、

所得税 控除
取得したとき、増改築したときは、家屋と土地等についての年末借入金残高に応じて、所得税について住宅借入金等特別控除(住宅ローン税額控除)を受けることができる。 この所得税控除の適用を受けるためには以下

不動産 所得税
不動産所得 土地や建物を貸している場合の所得(地代,家賃等土地や建物の貸し付け等による所得)のことを指します。 具体的な計算方法は以下の通りです。   総収入金額-必要経費 となります。 すなわち、そ

譲渡所得税
の種類によって税金の計算が異なります。土地・建物・株式以外の財産を売ったとき…他の所得と総合して税金を計算します。 譲渡所得には,ゴルフ会員権などを売った場合の総合課税と,土地や建物等を売った場合,

譲渡所得税
譲渡所得 土地や建物を売ったとき 土地や建物を売ったときの譲渡所得は、次のように計算します。   譲渡所得=譲渡収入-(取得費+譲渡費用) 譲渡収入 = 土地建物を売った代金

譲渡所得税
譲渡所得 相続で取得した土地や建物を売った時 ・取得費は、被相続人(死亡した人)が購入したときの代金となります。その購入代金がわからない場合などは、売却価額の5%とすることもできます。 ・長期と短期

譲渡所得税
土地・建物を譲渡による所得は、譲渡所得として扱われる。 この場合の所得の計算式は次のようになる。 譲渡所得=譲渡収入−(取得費+譲渡費用) このうち、譲渡収入とは土地・建物を売却した代金、取得費とは土

所得税法 204条
外国法事務弁護士を含む。)、司法書士、土地家屋調査士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士、測量士、建築士、不動産鑑定士、技術士その他これらに類する者で政令で定めるものの業務に関す

固定資産税
税の一つであり、毎年1月1日に不動産(土地・建物)、及び事業に使用する機械などの所有者として、固定資産税課税台帳登録者に課税される税金。  税額は固定資産税課税台帳に登録されている固定資産税評価額の

固定資産税
土地・家屋の価格は3年に1度評価替えを行い、価格を決定する。 固定資産の評価替えとは固定資産の評価額を見直す制度である。 固定資産税は、固定資産の資産価格の変動をふまえ、固定資産の適正な時価を課税標準

不動産 取得税
には地方税として税金が課税される。  土地や家屋を、購入、贈与、交換、建築 (増改築含む) などで取得した場合で、不動産取得税という。  不動産取得税の税率は、固定資産課税台帳に登録されている価格の

所得税 計算
にもとづいて税金を支払う。 山林所得、土地建物等の譲渡による譲渡所得、株式等の譲渡所得等の所得に適用される。 源泉分離課税 所得を支払う第三者が、支払の際に一定の税率で所得税を源泉徴収し、税務署


に応じて負担する税金。 不動産取得税…土地や建物を取得したときに負担する税金。 自動車税…自動車を所有している法人・個人が負担する税金。 その他…地方消費税、自動車取得税、道府県たばこ税、ゴルフ場利

登録免許税 法
期限の到来をもって廃止された。 2.土地に関する次の登記に係る登録免許税について、その税率を本則の2分の1に軽減する特例(改正後の租税特別措置法第72条)が創設された。  (1) 売買による所

固定資産税 評価額
固定資産税評価額とは、土地や建物の評価額で固定資産課税台帳に登録される。 固定資産税評価額は固定資産税、不動産取得税、都市計画税、登録免許税など様々な税金の計算に使う。 固定資産税評価額は、3年ごとに

不動産取得税 計算
不動産取得税の計算 土地の不動産取得税の計算  土地の課税標準額×3%  課税標準額は平成17年取得まで固定資産税評価額の1/2。 建物の不動産取得税の計算  建物の課税標準額×3% 但し、軽減措

都市計画税
計画税 都市計画税は、都市計画事業又は土地区画整理事業を行う市町村において、その事業に要する費用に充てるために課税される税。都市計画税を課するか否か、あるいは、その税率水準をどの程度にするかについて

都市計画税
市計画税の納税義務者は、課税対象となる土地又は家屋の所有者として、1月1日現在固定資産課税台帳に登録されている者。 都市計画税の納付時期は、6月、9月、12月、2月の年4回である。 第1期の納付月

都市計画税
市計画税の納税義務者は、課税対象となる土地又は家屋の所有者として、1月1日現在固定資産課税台帳に登録されている者。 都市計画税の納付時期は、6月、9月、12月、2月の年4回である。 第1期の納付月

償却資産税
償却資産とは土地、家屋以外の事業用資産で、減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の所得の計算上、損金又は必要な経費に算入されるものである。 事業用の減価銷却資産には、いわゆる償却資産税が課され

償却資産税
土地・家屋と同じように固定資産税が課税される償却資産には、以下のようなものがある。 1.構築物 門扉、庭、舗装路面、建築付属設備など 2.機械及び装置 工作機械、製造加工機械、建設機械、ポンプなど

印紙税法 契約
あれば、その文書の名称は問わず、また、土地・建物の売買や建設請負の当初に作成される契約書のほか、売買金額の変更や工事請負内容の追加等の際に作成される変更契約書や補充契約書等についても軽減措置の対象と

印紙税法 非課税
の性格から非課税としているもの   土地の譲渡及び貸付け   有価証券、支払手段の譲渡   貸付金等の利子、保険料等   郵便切手類、印紙、物品切手等の譲渡   行政手数料等、国際郵便為替

不動産 登録免許税
,000円) 税率は、以下の通り。 土地の売買: 平成18年4月1日?平成20年3月31日…1% 平成20年4月1日?…2% 土地以外の不動産の売買: 平成18年4月1日?…2% 但し、個人が一定

固定資産税 土地
)現在で、固定資産を所有している者。 土地については、土地登記簿又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている者。但し、登記されている所有者が賦課期日前に死亡している場合は、賦課期日現在に

固定資産税 土地
)現在で、固定資産を所有している者。 土地については、土地登記簿又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登録されている者。但し、登記されている所有者が賦課期日前に死亡している場合は、賦課期日現在に

固定資産税 土地
固定資産税における土地の価額の評価方法 固定資産評価基準に基づき、地目別に定められた評価方法(売買実例価格から求められる正常価格を基礎として適正な時価を評定する方法)で評価される。 地目の種類について

増値税
企業および外国企業所得税、個人所得税、土地増値税等と並び、外資系企業との接触が多いのが、この増値税である。税率が高率であり、仕組みが複雑である等、中国で経営を行う場合の重要な問題となる。 増殖税の

譲渡所得税
所得。 譲渡所得の対象となる資産は、土地、借地権、建物、船舶、機械器具、漁業権、取引慣行のある借家権、ゴルフ会員権、特許権、著作権、鉱業権、土石(砂)、特定の有価証券、書画、骨とう、宝石等。貸付金

不動産 所得税
以下の貸付けによる所得をいう。 1.土地や建物などの不動産 2.地上権などの不動産に設定されている権利 3.船舶や航空機 不動産所得額の計算は、以下の通り。 総収入金額?必要経費=不動産所得額 ・

収入印紙 税
文書に当たる。 不動産等の譲渡契約書、土地の賃借権設定等の契約書、消費貸借契約書、運送契約書 請負契約書 約束手形、為替手形 株券、出資証券、社債券、投資信託等の受益証券 合併契約書、分割契

固定資産税 計算 方法
固定資産税の税額の計算方法 固定資産税の税額は、全資産の課税標準額を合計した額に税率である1.4%を乗じて求める。(合計した課税標準額に千円未満の端数があるときは切り捨てる。固定資産税の税額に百円未満の端数があるときは切り捨てる。) 課税標準額は、固定資産税課税台帳に登録されている固定資産税評価額である。 但し、同一の人が所有する固定資産の課税標準額が次の金額に満たない場合には、課税されない。 土地…30万円 家屋…20万円 償却資産…150万円 また、住宅用土地に対する軽減措置、新築建物に対する軽減措置などがある。

地方税
に応じて負担する税金。 不動産取得税…土地や建物を取得したときに負担する税金。 自動車税…自動車を所有している法人・個人が負担する税金。 その他…地方消費税、自動車取得税、道府県たばこ税、ゴルフ場利

市町村税
得に応じて負担する税金。 固定資産税…土地や家屋及び事業用の機械などを所有している法人・個人が負担する税金。 軽自動車税…軽自動車などを所有している法人・個人が負担する税金。 その他…国民健康保険税

不動産 税金
中で最も大きな比率を占めるのが不動産・土地だからです 不動産の相続税は任意税だとまでいわれることすらあり、節税策いかんで税金がどのようにもなる、との意のようです。 ただし、不動産を相続するときに生じ

土地 売買 税金
土地を売買すると、双方に税金がかかります。 土地を売った側には譲渡所得が生じるのでこれに税金がかかり、土地を買った側には不動産取得税はじめ、登録免許税、印紙税がかかります。 土地や建物を売った場合、売

住宅 税金
居住用 これらの条件が合えば原則として土地購入にも適用されます。 注意していただきたいのが、住宅ローン控除の控除率は段階的に縮小される予定となっていることで、住宅取得時には、随時確認が必要です 還付

土地 売却 税金
土地の売却の際にかかる税金の表は以下のようになります
土地を売却するということは譲渡所得を得る。ということですので、譲渡所得についての税金についての情報をご参照になるといいでしょう。
税金 時効
都市計画税
3.特別土地保有税の更正や決定
4.法人の都民税・事業税の更正や決定
5.都民税利子割の更正や決定
6.税額

土地 税金
土地と税金について 土地と家屋については税制上、同じような取り扱いをします。 日本では不動産、特に土地は資産のうちの重要なウェートをしめ、土地の扱いにおける税法の整備も進んでいます。 (いいかれば、

繰延資産 法人税
で共同的なものはその耐用年数の70%(土地取得部分は45年)、一般公衆的なものは5年の期間で償却します。 ?役務の提供を受けるための権利金 ノウハウの設定契約に際し支出した頭金の金額で5年(有効期間


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。