固定資産税 計算 方法 について

固定資産税の税額の計算方法
固定資産税の税額は、全資産の課税標準額を合計した額に税率である1.4%を乗じて求める。(合計した課税標準額に千円未満の端数があるときは切り捨てる。固定資産税の税額に百円未満の端数があるときは切り捨てる。)
課税標準額は、固定資産税課税台帳に登録されている固定資産税評価額である。
但し、同一の人が所有する固定資産の課税標準額が次の金額に満たない場合には、課税されない。
土地…30万円
家屋…20万円
償却資産…150万円
また、住宅土地に対する軽減措置、新築建物に対する軽減措置などがある。


固定資産税 計算 方法に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。