市町村民税 について

市町村民税は、住民税とも呼ばれ、当該自治体に住所または居所を置く個人、本店支店を置く法人、または家屋敷、事務所等を所有するものに賦課される。これらは市町村(または特別区)により賦課徴収される。 市町村が行う身近なサービスに必要な費用を、住民が広く負担するというのが目的。

個人の市町村民税は、主に個人の収入に着目して賦課される。

個人の市町村民税の税額は、課税標準額に一定の税率を乗じて算出する所得割額と、一律の額により課税される均等割額との合算額である。

法人の市町村民税も、主に収益に着目して課税される。

法人税(国税)から算出される法人税割と、従業員数や資本金から算出される均等割がある。



市町村民税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。