贈与税 税率 について

総合課税の譲渡所得額の計算は以下の通り。

1.資産売却額?(取得費+譲渡費用)=譲渡
2.譲渡益?譲渡所得の特別控除額=譲渡所得額
譲渡所得の特別控除額は、その年の長期の譲渡益と短期の譲渡益の合計額に対して50万円。
その年に短期と長期の譲渡益がある場合、先に短期の譲渡益から特別控除の50万円を差し引く。
譲渡益が50万円以下のときは、その金額までしか控除できない。
短期譲渡所得の金額は全額が総合課税の対象になるが、長期譲渡所得の金額はその2分の1が総合課税の対象になる。
注:
・取得費とは、購入代金のほか、購入手数料、設備費、改良費などを含んだ費用。
譲渡費用とは、売るために直接かかった費用。
・長期譲渡所得とは、所有期間が5年を超えている場合。
・短期譲渡所得となるのは、所有期間が5年以内の場合。但し、自分が著作した著作権等の例外あり。




贈与税 税率に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。