住宅取得 贈与税 について


住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例(相続時精算課税)の内容

1.相続時精算課税制度と従来通りの暦年課税制度を選択することが出来る。相続時精算課税制度を一旦選択した場合には、二度と暦年課税制度を選択することはできない。また、贈与者ごとに選択適用が可能であるr

2.生前贈与の2,500万円に加え、住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例が適用される場合には、さらに1,000万円を加えた3,500万円まで特別控除される。
また、特別控除額を超えた部分に対しては、一律20%の贈与税率となる。

3.贈与者が死亡した際の相続税の計算では、相続財産の価額に相続時清算課税制度を適用した生前贈与財産の価額を加算して相続税額を計算する。その際、既に支払った贈与税額は相続税額から控除される。また、控除しきれない額があれば還付される。



住宅取得 贈与税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。