住宅取得 贈与税 について


住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例(相続時精算課税)とその要件

相続時精算課税制度とは、生前時の贈与の際の過度な税負担を軽減しつつ、相続の際に精算課税することで生前時の財産移転を促すことを目的とした制度。
贈与税・相続税を一体化したもので,通常の贈与の場合は親が65歳以上であることが要件となるが、住宅特例を利用する場合は親の年齢制限はない。
そこで、以下の要件を満たせば、贈与者である親が65歳未満であっても相続時精算課税を選択することができる。
1.平成15年1月1日から平成19年12月31日までの間に、
2.20歳以上の子が親から、自己の居住の用に供する一定の家屋を取得するための資金又は自己の居住の用に供する家屋の一定の増改築のための資金(住宅取得等資金)の贈与を受け、
3.その資金を贈与を受けた年の翌年3月15日までに一定の家屋の取得又は一定の増改築の費用に充て、
4.その家屋を同日までに居住の用に供するか又は同日後遅滞なく居住の用に供したすること




住宅取得 贈与税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。