住宅取得 贈与税 について


贈与税の税額計算は以下の通り。

{贈与額?(配偶者控除2,000万円まで)?基礎控除(110万円)}×税率?速算表の控除額=贈与税額r

2,000万円の配偶者控除(夫婦間での住宅住宅資金の贈与)


贈与税には、配偶者控除が設けられている。これは、夫婦間で居住用不動産またはその取得資金の贈与が行われた場合に、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで(2,000万円未満である場合にはその金額まで)配偶者控除できるという特例である。以下の要件を満たす必要がある。

1.夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われたこと
2.贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与により取得した国内の居住用不動産又は贈与を受けた金銭で取得した国内の居住用不動産に、贈与を受けた者が現実に住んでおり、その後も引き続き住む見込みであること
3.贈与を受ける前年以前に、贈与税の配偶者控除の適用を受けていないこと
4.一定の書類を添付して贈与税の申告をすることr

また、相続時精算課税制度における住宅取得資金の贈与の特例も利用することができる場合がある。



住宅取得 贈与税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。