入湯税 について

入湯税は、鉱泉浴場が所在する市町村が、環境衛生施設、鉱泉源の保護管理施設、消防施設その他消防活動に必要な施設の整備や観光の振興に要する費用に充てることを目的として、鉱泉浴場における入湯に対し、入湯客に課税する税金である(地方税法701条)。
標準税率は入湯客1人1日当たり150円とされる。
入湯税の徴収は、「特別徴収の方法による」とされ、鉱泉浴場の経営者などが市町村により「特別徴収義務者」に指定され、これが納税者である入湯客から税額を徴収することとなる。


入湯税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。