不動産 取得税 軽減 について

不動産取得税の軽減(中古住宅) 

以下の(1)から(3)のすべての要件に該当していれば、住宅価格(固定資産評価基準による評価額)から一定額が控除される。

(1)以下のいずれかの要件に該当するもの
ア 平成17年4月1日以後に取得した住宅で、個人が自己の居住用として取得したもの
イ 平成17年3月31日までに取得した住宅で、人の居住の用に供されたことがあるものを、個人が自己の居住用に取得したもの
(2)床面積が50?以上 240?以下のもの 
(3)以下のいずれかの要件に該当していること
ア 非木造…新築後25年以内
  木造(軽量鉄骨造を含む。)…新築後20年以内
イ 平成17年4月1日以後に取得した住宅で、昭和57年1月1日以後に新築されたもの
ウ 平成17年4月1日以後に取得した上記ア、イに該当しない住宅で、建築士等が行う耐震診断によって新耐震基準に適合していることの証明がされたもの(ただし、証明に係る調査が住宅の取得日前2年以内に終了していることが必要。)


不動産 取得税 軽減に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。