不動産 取得税 軽減 について

不動産取得税の軽減(新築住宅)

以下の床面積(登記床面積ではなく現況の床面積)の要件に該当していれば、住宅価格(固定資産評価基準による評価額)から一定額が控除される。

一戸建住宅の場合
貸家以外…50?以上 240?以下
貸家…50?以上 240?以下

一戸建て以外の住宅の場合
貸家以外…50?以上 240?以下
貸家…40?以上 240?以下
一戸建以外の住宅とは、マンション等の区分所有住宅又はアパート等構造上独立した区画を有する住宅のこと。床面積要件の判定は独立した区画ごとに行い、共用部分の床面積を専有部分の床面積割合によりあん分した床面積も含む。

控除額は1,200万円、又は価格が1,200万円未満である場合はその額。
税額の計算式は以下の通り。
住宅の価格?控除額)×3%=税額



不動産 取得税 軽減に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。