相続税 贈与税 について


相続税は、人の死亡に基因する財産の移転に着目して課される税。

相続税は、相続税法(昭和25年3月31日法律第73号)に基づき課される。

相続税法には相続税と贈与税の2つの税目が規定され、後者の贈与税が、相続税の補完税である。

このうち、相続税の納税義務者は以下の通り。
1.相続又は遺贈により財産を取得した個人で財産取得時に日本に住所を有するもの
2.相続又は遺贈により財産を取得した日本国籍を有する個人で財産取得時に日本に住所を有しないもの(ただし、その個人、被相続人、遺贈をした者がその相続又は遺贈に係る相続の開始前5年以内のいずれかの時に日本に住所を有していたことがある場合に限られる。)
3.相続又は遺贈により日本にある財産を取得した個人でその財産を取得した時に日本に住所を有しないもの(2の者を除く。)
4.贈与(死因贈与を除く。)により相続時精算課税の適用を受ける財産を取得した個人(1から3までの者は除かれる。)


相続税 贈与税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。