法人 住民税 について

法人住民税の税額(均等割額)

法人住民税の均等割額は以下の通り計算される。
均等割額として納付する金額=均等割額×事務所等を有していた月数/12
※百円未満の端数は切捨て

均等割額は、都道府県民税均等割額は資本金等の金額、市区町村民税は資本金等の金額と従業員に応じて以下のように金額が決定される。

資本等の金額---都道府県民税均等割---市町村民税均等割---従業者数50人超---従業者数50人以下
50億円超---80万円---300万円---41万円
10億円超50億円以下---54万円 175万円---41万円
1億円超10億円以下---13万円---40万円---16万円
1千万円超1億円以下---5万円---15万円---13万円
1千万円以下---2万円---12万円---5万円
但し、市町村民税均等割については、制限税率(1.2倍)が定められている。



法人 住民税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。