地方交付税 について

普通地方交付税額は、各地方公共団体毎に次のように計算される。
(基準財政需要額−基準財政収入額)=財政不足額(交付基準額)
・基準財政需要額=単位費用×測定単位×補正係数
・基準財政収入額=(標準的税収入(市町村分の税交付金を含む)及び地方特例交付金の75%(県分)、75%(市町村分))+地方譲与税
これに対し、特別交付税の額は次のように決定される。
・ 基準財政需要額に捕捉されなかった特別の財政需要があること
・ 基準財政収入額に過大に算定された財政収入があること
・ 普通交付税の額の算定期日後に生じた災害等のための特別の財政需要があること


地方交付税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。