住宅 固定資産税 について

軽自動車税には月割課税制度はないため、年度途中に登録・廃車をした場合も、毎年4月1日現在での軽自動車等の所有者に課税される。4月2日から翌年3月31日までの間)に登録した場合には翌年度から、また年度途中で廃車した場合にはその年度までの税金を納めなくてはならない。使用月数に応じて課税したり、還付はできない。
また、軽自動車等の所有者は名義人であるため、譲渡した場合に名義変更を怠ると、譲渡したにも関わらず軽自動車税の納税義務者となり納税通知書が送付される場合があるので注意が必要である。
盗難にあった場合は、市町村へ届け出ねばならない。また、 軽自動車税は、車検が切れていても4月1日現在の所有者に対して課税されま課税される。廃車の手続が必要である。
軽自動車税は、4月1日現在の定置場所在の市町村で課税される。通常は住民票の住所地が定置場とみなされるが、住民票の住所以外の場所で使用している場合には、その市町村で課税される。


住宅 固定資産税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。