国民健康保険 税 について

国民健康保険税
国民健康保険税は、地方税の一種であり、国民健康保険を行う市町村が、国民健康保険に要する費用に充てることを目的として、被保険者の属する世帯の世帯主に対し課する税金である(地方税法703条の4)。
日本では、全ての国民がいずれかの医療保険制度に入らねばならない(国民皆保険制度)。
職域を対象とする健康保険に加入している場合、生活保護を受けている場合等を除くすべての国民が、国民健康保険の被保険者となり、国民健康保険税を納めることになる。
国民健康保険は、市区町村によって運営されている。この国民健康保険の運営を行っている市町村および国保組合が保険者となる。
国民健康保険は、加入者である被保険者の納める国民健康保険税や国等の補助金によって財源が賄われている。


国民健康保険 税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。