固定資産税 評価額 について

固定資産税評価額とは、土地や建物の評価額で固定資産課税台帳に登録される。
固定資産税評価額は固定資産税、不動産取得税、都市計画税、登録免許税など様々な税金の計算に使う。
固定資産税評価額は、3年ごとに見直され、評価替えが行われる。
固定資産税評価額は、国が定めた固定資産評価基準に基づいて市町村が決定する。評価額は、土地については時価の60〜70%、建物については建築費の50〜70%程度。
固定資産課税台帳については、固定資産税評価額が適正な価格であるかを確認するため、「土地(家屋)価格等縦覧帳簿」の縦覧制度が設けられている。縦覧期間は自治体によって異なる。固定資産税評価額に納得できないときは、審査の申出をすることができる。

固定資産税評価額を知りたいときは、市町村の税務課で固定資産課税台帳を閲覧できる。


固定資産税 評価額に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。