印紙税 契約書 について

印紙税は、契約書、手形、領収書など、印紙税法別表に掲げる文書に対して課税される税金である。印紙税は、当該文書作成者が、定められた金額の収入印紙を文書にはり付け、これに消印して納付する。

なお、「不動産譲渡に関する契約書」、「消費貸借に関する契約書」、「請負に関する契約書」などの「契約書」とは、契約の当事者が、契約の成立があったことを明らかにするために作成する文書(請書など、契約の一方の当事者だけが作成するものも含む。)をいう。
また、すでに成立している契約の内容を変更する文書、新たな内容を追加したことを明らかにするために作成する文書、本契約を結ぶ前にあらかじめ作成する予約の契約書も含む。


印紙税 契約書に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。