贈与税 について

 贈与税は、個人から財産の贈与を受けた場合に、贈与を受けた者が負担する税金である。法人からの贈与には贈与税は課税されない(但し、所得税が課税される。)
 また、生命保険金の受取人には、契約内容により贈与税が課税される場合がある。すなわち、保険料支払人と受取人が異なる場合で、受け取った額が基礎控除110万円を超えるときである。
 また、離婚における財産分与や慰謝料には通常贈与税は課税されない。
 贈与税の課税方法には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあり、一定の条件により「相続時精算課税」を選択することができる。


贈与税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。