印紙税 について

印紙による納付の方法によって印紙税を納付すべき課税文書の作成者が、印紙税を当該課税文書の作成の時までに納付しなかつた場合には、印紙税課税文書の作成者は、納付しなかつた印紙税の額とその2倍に相当する金額との合計額を過怠税として徴収される。
すなわち、印紙を貼り付けないで印紙税課税文書を相手方に交付した場合、納付しなければならない印紙税の3倍の過怠税が徴収されることになる。

また、印紙税課税文書に貼り付けた印紙を所定の方法によって消さなかった場合には、消されていない印紙の額面金額に相当する金額(当該印紙税の2倍の額)の過怠税を徴収される。


印紙税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。