自動車取得税 について

自動車取得税
自動車取得税とは、三輪以上の軽自動車及び小型小自動車と、普通自動車(特殊自動車は除く)の取得に対して課税される税金で、県及び市町村の道路整備の費用にあてられる。自動車取得税は、その自動車の主たる定置場所在の都道府県で課税し、その66.5%を市町村道等の延長及び面積に応じて市町村に交付する。
自動車の取得とは、自動車の所有権の取得を言う。但し、自動車製造業者の製造による自動車の取得や販売業者の販売のための自動車の取得などは含まない。
 なお、自動車に付加して一体となっているラジオやクーラーなどの付属物も含まれます。
取得者とは、原則として、自動車の所有権の取得者だが、割賦販売契約により購入した場合等で、売主が自動車の所有権を留保している場合は、買主である使用者が自動車の取得者とみなされる。


自動車取得税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。