所得税 計算 給与 について

給与所得者も確定申告が必要になる場合がある。
給与」は英語でいうと「サラリー」で、給与所得者=サラリーマン。
また、アルバイトやパートの賃金も給与所得であり、基本的にはこれらの形態で働く人みなが納税を行う必要がある。

しかし基本的には「給与を支払う際には所得税を源泉徴収しなければならない」という規則が別にあり、サラリーマンの給与所得に対する納税、及び税額の計算は企業によって代行されているケースが多い。

給与所得者も、一般的な所得税の計算方法を用いればよい。給与所得者が自分で計算をする必要があるケースで多いのは、
1.歯医者なども含めた医療行為が十分に多かった場合、源泉徴収においては医療控除額を計算しないため、確定申告を行うと、この分の還付金が戻ってくる、というケース。2.給与所得以外に、やサイドビジネス、などの収入があり、これを納税する必要があるケース、などである。

給与所得者は経費が認められない代わりに給与所得者控除が追加される。
日本の人口比率的には給与所得者が圧倒的に多い。
またこの関係で、税金関係の本も、そちらを対象にしたものが多い。


所得税 計算 給与に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。