所得税 計算 給与 について

サラリーマンの給与に課される所得税の計算

サラリーマンの所得税計算は、源泉徴収制度がとられているため計算手順が少し複雑になる。すなわち、給与からの天引き計算が行われた上で、誤差について年末調整による計算のし直しが行われることになる。また、源泉徴収の天引き計算ではなく、確定申告の計算によらねばならないサラリーマンがいることにも注意が必要である。
計算の概要は、以下の通りである。

給与所得
給料・賃金・ボーナスなどについて計算される所得のことを指す。サラリーマンが1年間にもらった給料やボーナスなどの収入金額から給与所得控除額を差し引いて計算した残りの金額が、給与所得の金額となる。
具体的な計算方法は、以下の通り。
  収入金額-給与所得控除額または特定支出

給与所得控除額
給与所得控除額はサラリーマンの必要経費等に相当するもの。その金額に応じて、控除額は次のように計算される。
162.5万円以下の場合は、65万円。
162.5万円超180万円以下の場合は、年収×40%。
180万円超360万円以下の場合は、年収×30%+18万円。
360万円超660万円以下の場合は、年収×20%+54万円。
680万円超1000万円以下の場合は、年収×10%+120万円。
1000万円超の場合は、年収×5%+170万円。

源泉徴収と年末調整
給料やボーナスの支給を受けるときは、所得税が天引き計算され、年末調整で計算し直して精算される。なお、扶養親族に異動があった場合や生命保険料などを支払っている場合も、この年末調整で計算し直して精算される。

ただし、サラリーマンの中でも、確定申告による計算をしなければならない人と、確定申告による計算をすれば税金が戻る人がいる。これら確定申告による計算の必要がある人の条件を書き出すと以下のようになる。

確定申告による計算をしなければならない人
・給料と賞与の年間収入合計が2000万円を超える人
給与所得と退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
・2カ所以上から給与をもらっている人

確定申告による計算をすれば税金が戻る人
・年の途中で退職し,年末調整を受けていない人
・多額の医療費を支払った人
・借入金で住宅を新築・改造地区または購入した人
・災害・盗難・横領の被害にあった人
・特定の寄付をした人


所得税 計算 給与に関連するページ

所得税
得に対して課される税金です。所得税は、給与、退職金や事業から獲得した利益、あるいは土地や株式などを売って得た利益などに対して発生します。 わが国の納税者の多くは給与所得者(いわゆるサラリーマン)で

源泉 所得税
。個人事業主や自営業の場合、青色専従者給与等を支払場合、「給与所得者」となる。この場合原則として翌月10日までに国に支払う義務がある。これを経費として納入することができるが、同時に源泉徴収の義務が発

所得税 源泉徴収
サラリーマン等の給与所得者は通常、源泉徴収制度によって給料や賞与から所得税が天引きされる。 しかし、給与所得者でも源泉徴収だけでなく、確定申告をする必要のある場合がある。源泉徴収以外に確定申告をする必

所得税 確定申告
採用されている。 この源泉徴収制度は、給与や利子、配当、税理士報酬などの所得を支払う者が、その所得を支払う際に所定の方法により所得税額を計算し、支払金額からその所得税額を差し引いて国に納付するという

所得税 住民税
一回、必ず提出してもらう。 これは、「給与所得の源泉徴収税額表(月額表)」から徴収すべき税額を求めるときに、扶養控除等申告書の提出があれば同表の「甲欄」を適用し、提出がない場合は同表の「乙欄」を適用

所得税 住民税
所得税の源泉徴収は、当月の給与額を元に計算するのに対し、住民税は前年の所得を元に計算する。そのため住民である本人に前年に所得がない場合、住民税は課税されない。 住民税には「都道府県民税」と「市区町村民

所得税 計算 給与
サラリーマンの給与に課される所得税の計算 サラリーマンの所得税計算は、源泉徴収制度がとられているため計算手順が少し複雑になる。すなわち、給与からの天引き計算が行われた上で、誤差について年末調整による

所得税 計算 給与
給与所得者も確定申告が必要になる場合がある。 「給与」は英語でいうと「サラリー」で、給与所得者=サラリーマン。 また、アルバイトやパートの賃金も給与所得であり、基本的にはこれらの形態で働く人みなが納税

所得税 計算 給与
所得税計算における給与所得控除額は、サラリーマンの必要経費などに相当するもので、給与の年収によって以下のように異なって計算される。 162.5万円以下…65万円 162.5万円超180万円以下…年収

所得税 源泉徴収簿
様式がpdfで提供されています。 "給与の支払者(源泉徴収義務者)は、月々の給与に対する所得税の源泉徴収や年末調整などの事務を正確に、しかも、能率的に行うためには、一人一人から申告された扶養親族等

所得税法 204条
契約金又は賞金のうち、第28条第1項(給与所得)に規定する給与等(次号において「給与等」という。)は第30条第1項(退職所得)に規定する退職手当等に該当するもの 2.前項第1号から第5号まで並びに第

所得税 徴収高計算書
庁のウェブサイトで提供されている。1.給与所得・退職所得用:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/jimu/beshi/2152/pdf/03.pdf、2.給与

給与所得 税額表 源泉徴収
表は、平成18年1月1日以後支払うべき給与等について源泉徴収する際に使用するものです。最新の様式は国税局のウェブサイトを参照してください。またそれ以前の源泉徴収については、http://www.nt

サラリーマン 所得税 計算
の場合は、源泉徴収という形で、所得税が給与支払い者(企業)によって本人に代わって納税されています。しかし上述のようなケースの場合、払いすぎたことになっている税額を国から還付してもらうことができます。

所得税 改正
平成17年所法等改正法附則6)。また、給与所得者が年末調整において、国民年金保険料等に係る社会保険料控除の適用を受ける場合には、国民年金保険料等の支払をした旨を証する書類を、年末調整の際に提出する給

所得税 減税
 給与所得者についての平成17年分の所得税の定率減税(所得税額の20%相当額(最高25万円))の実施方法は、次のようになっています。 「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している方 定率減税を織り

所得税 基本通達
額又は業務の休止期間中に使用人に支払う給与等借家人の各種所得の金額の計算上必要経費に算入される金額を補てんするための金額及び令第95条《譲渡所得の収入金額とされる補償金等》に規定する譲渡所得に係る収

アルバイト 所得税
収入合計を確認するには、勤め先からの「給与所得の源泉徴収票」の「支払金額」欄をご覧ください。アルバイトの人は収入額が月によって代わりますが、つきに10万以上の収入があった記憶がある場合は、税金が戻っ

退職金 所得税
この退職金は、長年の勤労に対する報償的給与を一時に支払うものである。そこで、退職所得控除を設けたり他の所得と分離して課税されるなど、税負担が軽くて済むよう配慮されている。なお、退職所得についても源泉

源泉所得税 納付書
en/03/01.htm 別紙3 ・給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(一般用)の様式及び記載要領 http://www.nta.go.jp/category/tutatu/jimu/gen

パート 所得税
パート収入への課税 パートの年収から、給与所得控除額と基礎控除等の所得控除を差し引いた残額が課税される所得となる。通常の所得控除は103万円であり、これを越えた場合に初めてパート収入にも所得税の課税が

所得税 扶養親族
扶養控除とは、納税者に所得税法上の扶養親族がいる場合に、一定の金額の所得控除が受けられる制度。 この所得控除の認められる扶養親族に当たるために 配偶者以外の親族又は都道府県知事から養育を委託された児童、市町村長から養護を委託された老人で、 納税者と生計を一にしており、 年間の合計所得金額が38万円以下で、 原則として、所得青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は所得白色申告者の事業専従者でないこと が、その年の12月31日の時点で必要である。

源泉所得税 納期特例
時10人未満である 源泉徴収義務者が、給与や退職手当、税理士等の報酬・料金について源泉徴収をした所得税について、次のように年2回にまとめて納付できるという特例制度を受けるために行う手続です。 給

所得税 基礎控除
所得税基礎控除は、配偶者控除、扶養控除及び配偶者特別控除と合わせ、納税者自身ないしその扶養家族について一人当たり定額を控除する最も基礎的な人的控除であって、課税最低限の主要な構成要素となるものである。所得税基礎控除は、原則として申告さえすれば適用される。 所得税基礎控除では、38万円が控除される。但し、所得が基礎控除額以下であることが必要。「103万円の壁」と呼ばれるラインはこの基礎控除額にも由来する。すなわち、パートやアルバイトなどの収入が103万円以上になると、給与所得控除額の最低額である65万円を引いた額が38万円以上となり、所得が基礎控除額を越えるため、扶養から外されてしまうという訳である。

所得税 問題点
税制調査会及び基礎問題小委員会によると、所得税の源泉徴収には以下の問題点がある。 すなわち、一般のサラリーマンは通常、確定申告を要しない。 確かに、所得税の源泉徴収は、適正な課税を担保し、納付の便宜、平準化などに資するために必要な制度である。ただ、社会共通の費用を分かち合うという意識向上の観点からは、給与所得者が自ら確定申告を行うことも、重要であろう。この点は、現行の所得税の源泉徴収に残る問題点であると言える。

所得税 乙欄
毎月の給与や賞与に対する源泉徴収税額は、「給与所得の源泉徴収税額表(月額)」によって求める。 ただ、同表の「乙欄」を適用する毎月の給与や賞与に対する税額の電算機計算について、同表の「甲欄」を適用する

源泉所得税 徴収 状況 調
6事務年度末(平17.6.30)現在の給与所得の源泉徴収義務者数は386万7千件で、前年度に比べて1万6千件(0.4%)減少。 2課税の状況 ○平成16事務年度(平16.7.1〜平17.6.30)

個人 所得税
合、個人に対する市民税は、前年1年間の給与、商店経営による売上げ、アパート等の賃貸料、株式等の譲渡益等の所得に対して課税される。 市民税の税額計算の基本的な仕組みは国税における所得税とほぼ同じだが、

パート 世帯収入
より、パートで働いて103万円を超える給与収入を得ても、つまり配偶者が所得税の「配偶者控除」を受けられる限度を越えても、給与収入が増えるにしたがって所得税の「配偶者特別控除」を受けられる額がなだらか

特別配偶者控除 パート
配偶者控除と配偶者特別控除 配偶者控除は、パート収入が103万円までであれば、38万円について控除される。 これに対し、配偶者特別控除は、配偶者控除の対象ではない他方配偶者の所得によって調整されるが、控除の最高額は38万円である。この控除はパート収入が103万円を超えて141万円未満であれば受けることができる。ただし、他方配偶者の合計所得が1,000万円(給与収入で約1,231万円)を超える年には受けることはできない。

所得税 経費
所得税の計算における必要経費とは、販売した商品な7どの仕入高やその収入金額を得る為に直接要した経費やその他事業を行う上でかかった経費である。1月1日〜12月31日までの間に実際に支払った金額ではなく、あくまで支払う事が確定した金額で計算する。 売上原価(その年に販売した商品等の仕入代金等)を始めとして、減価償却費、修繕費、賃借料(地代家賃)、租税公課、青色事業専従者給与、家事関連費の按分などが必要経費として所得税計算上考慮される。

事業所得 税
上(総収入金額)から、仕入・支払家賃・給与等の必要経費を差引いた金額が事業所得の金額となります。なお、帳簿を備え付けることを条件に青色申告をしますと、税務上多くの特典を受けることができます。 青

事業所得 税
サラリーマンが会社から支給される「給与所得」に対し、個人事業者の所得は「事業所得」として申告される。事業所得とは「農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業から生ずる所得で、不動産所得

自動車税 滞納
自動車税の滞納について 自動車税の滞納は全国において問題になっています。日本の税法においては、自動車はぜいたく品としてみなされているためか、自動車税自体も重税であるのに加え、滞納への対応も、比較的積極な対応処置を行っています。 各都道府県の公式ページなどにも、「法に基づく滞納処分の実例件数」などを記載が見られます。 また滞納に対しては、延滞金が加えられます。 納付期限から1ヶ月以内に納税した場合は、年7.3%、それ以降は年14.6%の延滞金となっています。軽自動車も同様です。 延滞機関は日割り計算です。また職場などへの通達、給与からの徴収なども記載があります。

所得税法
所得税法とは、所得税について、納税義務者、課税所得の範囲、税額の計算の方法、申告、納付及び還付の手続、源泉徴収に関する事項並びにその納税義務の適正な履行を確保するため必要な事項を定めたもの(所得税法1条)。 広義の所得に対する税のうち、個人の所得に対する税金について定めた法律である。 個人の所得を次の10種類に区分して所得税課税を行う。 利子所得 配当所得 不動産所得 事業所得 給与所得 退職所得 山林所得 譲渡所得 一時所得 雑所得

事業所税
事業所税は、市町村税の一種で、一定規模以上の事業を行っている事業主に対して課税される税金である。 事業所税は、指定都市等の都市環境の整備及び改善に関する事業に要する費用に充てるため、課税される。指定都市は地方税法で定められている。 事業所税は以下の2種類で課税される。 資産割 事業所床面積を課税標準として課する事業所税。 事業所床面積×税率1平米につき600円課税される。 従業者割 従業者給与総額を課税標準として課する事業所税。 従業者給与総額×税率0.25%で課税される。

源泉所得税
である。 これに対し、源泉徴収制度は、給与や利子、配当等の特定の所得の支払者が、所得支払時に所得税額を計算し、支払金額からその所得税額を差し引いて国に納付するというものである。 源泉徴収制度により徴

源泉徴収税 税額
給料や賞与から源泉徴収する所得税額は「給与所得の源泉徴収税額表」を使用して求める。 この税額表の使用方法は次の通り。 ・月額表 月ごとに支払うもの 半月ごと、旬ごとに支払うもの 月の整数倍の期間ご

住民税 特別徴収
民税の特別徴収とは、事業所・事務所等(給与支払者)が従業員等(納税義務者である個々の給与所得者)が納めるべき税額を毎月の給与の支払時に徴収し、その徴収した税金を市町村に一括して納入する制度。給与等の

所得税 扶養控除
納税者に所得税法上の扶養親族がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられる。 扶養親族とは、その年の12月31日の現況で次の四つの要件を全て満たす者。 1.配偶者以外の親族又は都道府県知事から養育を委託された児童や市町村長から養護を委託された老人であること。 2.納税者と生計を一にしていること。 3.年間の合計所得金額が38万円以下であること。 4.原則として、青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

不動産 所得税
不動産所得とは、以下の貸付けによる所得をいう。 1.土地や建物などの不動産 2.地上権などの不動産に設定されている権利 3.船舶や航空機 不動産所得額の計算は、以下の通り。 総収入金額?必要経費=不動産所得額 ・総収入金額には、資産の貸付けの賃貸料収入の他、名義書換料・承諾料・頭金などの名目で受領するもの、敷金や保証金などのうち返還を要しないもの、共益費などの名目で受け取る電気代・水道代・掃除代などが含まれる。 ・必要経費とは、不動産収入を得るために必要な費用。賃貸住宅の固定資産税、賃貸住宅に係る損害保険料、賃貸住宅の減価償却費、賃貸住宅の修繕費が含まれる。 不動産所得は、給与所得などその他の所得と合計して総所得金額を求め、確定申告によって税額を計算する。

原動機付自転車
従業者割 従業者給与総額を課税標準として課する事業所税。 従業者給与総額×税率0.25%で課税される。 「事業所税」のページを参考にしてください。

源泉税額表 給与所得 
給与を受け所得が発生する場合、源泉所得税を天引きされることになります。 給与所得から源泉徴収(天引き)されている金額を求めるには源泉税額表が便利です。 この国税庁作成による源泉税額の速算表を使えば、給

源泉徴収
ではないのでしょうか。 源泉徴収とは、給与・報酬などを支払う会社や個人が、給与を受取る側の私達に代わって、あらかじめ給与から所得税などを差し引いて国などに納付する制度・義務のことです。 分かりやすく

源泉徴収票
収票といわれてピンとこない方は、年末の給与明細に同封してあるペラペラの小さな紙といえば思い出していただけるのではないでしょうか。 説明もなしに給与明細にいきなり同封されることが非常に多いこの書類、い

源泉徴収税
源泉徴収税とは、給与を受ける度に引かれている所得税のことです。 いわゆる天引きのことだと思っていただいて結構です 源泉徴収の対象がほとんど所得税からということで、源泉所得税とも呼ばれます。 ではこの源

所得税 源泉徴収
です。 この中でもっとも一般的なのは、給与からの源泉徴収でしょう。俗に天引き、と呼ばれているものです。 ただし給与から源泉徴収するといっても、所得とはそもそも収入から必要経費を引いたもののことです。

源泉徴収 税額
活に入ってくることはないと思います。 給与明細表の控除欄に記載されている「所得税」の枠の数字、これが毎月の、仮の源泉徴収税額になります。 これがいわゆる、天引きに相当する金額です。 また、源泉徴収税

源泉徴収簿
収簿に記載される主なものとして、月々の給与・手当の総支給金額および月々の社会保険料(=本人または同一生計の親族の社会保険料控除額)と社会保険料控除後の給与の金額、年末調整の実施の時期(本年中実施か翌

源泉徴収票 書き方
が、原則として///源泉徴収簿///に給与等の金額、各種所得控除額を記載したのち、それらを源泉徴収票へ転記します。 手書きにて記載する場合、3枚複写の給与支払報告書(上2枚)と給与所得の源泉徴収票(

源泉徴収 計算
どの合計)?収入から差し引かれる金額(給与所得控除または特定支出控除)=所得金額 この計算に関してはこちらをご参照ください。///所得と収入/// 2 所得金額?所得から差し引かれる金額(所得控除

所得税 源泉徴収簿
収簿に記載される主なものとして、月々の給与・手当の総支給金額および月々の社会保険料(=本人または同一生計の親族の社会保険料控除額)と社会保険料控除後の給与の金額、年間の総所得、年末調整の実施の時期(

報酬 源泉徴収
報酬を受けるときにも、給与と同様に仮の所得税を源泉徴収されます。 勘違いされやすいのですが、個人に対する報酬の全てに源泉徴収義務があるわけではなく、特定の分野に限定されています。。 具体的に、報酬発

源泉徴収票 見方
参照ください。 受給者番号については、給与支払者(会社)が受給者ごとに番号を付けている場合のみ、その番号が記入されます。会社によっては番号のないケースも十分にあります。 企業が年末調整を行なわなかっ

退職所得 源泉徴収
一時恩給など退職によって一時的に受ける給与などのことをいい、分離課税で所得税がかかります。 退職所得は、入社から退職までに支給されてきた毎月の給与(サラリー)の後払い的性格をもち、また再就職までの生

源泉徴収 額
生活に入ってくることはないと思います。給与明細表の控除欄に記載されている「所得税」の枠の数字、これが毎月の、仮の源泉徴収額になります。これがいわゆる、天引きに相当する金額です。また、源泉徴収額という

源泉徴収 アルバイト
れていないということです。 高校生でも給与を受ける際には必ず税金を源泉徴収されています。 しかしアルバイト学生や未成年者、主婦として扶養に入っている方は、年末調整や確定申告によりその大部分が還ってく

源泉徴収書
収書といわれてピンとこない方は、年末の給与明細に同封してあるペラペラの小さな紙といえば思い出していただけるのではないでしょうか。それから最近は、もはや源泉徴収票という表記・呼び名があまりに一般的で滅

源泉徴収表 見方
ご参照ください。受給者番号については、給与支払者(会社)が受給者ごとに番号を付けている場合のみ、その番号が記入されます。会社によっては番号のないケースも十分にあります。企業が年末調整を行なわなかった

パート 税金
れていないということです。 パートでも給与を受ける際には必ず税金を源泉徴収されています。 しかし、年収が103万円以下であれば、学生や未成年者、主婦として扶養に入っている方は、年末調整や確定申告によ

退職金 税金
一時恩給など退職によって一時的に受ける給与などのことをいい、分離課税で所得税がかかります。 退職金は、入社から退職までに支給されてきた毎月の給与(サラリー)の後払い的性格をもち、また再就職までの生活

株 税金
株式投資が人気ですが、株で得た収入にも当然、所得税がかかります。 上場株式等の配当金に対する源泉徴収税率は平成20年3月31日までは10%(所得税7%、住民税3%)で、これは預貯金の利子に対する源泉徴収税率の半分に相当します。 しかし同年4月1日からは20%(所得税15%、住民税5%と税率が上がります。 従来は上場株式等の配当金に対する税率は、株式一銘柄あたりの配当金の額により課税方法が変わってきましたが、平成15年4月以降は、源泉徴収のみで確定申告不要の源泉分離課税にするか、源泉徴収をされた上で配当控除を受けられる総合課税による確定申告にするかのどちらかを選択できます。 株で得た収入への控除に関しては///配当所得///をご参照ください。 平成15年以後に生じた上場株式等の譲渡損に関しては、他の有価証券と合算して赤字がでる場合に譲渡損分を3年間、繰越控除できます。 ただし株式の譲渡損は、給与所得や事業所得とは合算できません。

税金 滞納
体的には収入と所得の法的な違い、///給与と報酬///の法的な違い、必要経費に関する法的な定義、資産の評価及び償却の方法、損失の繰越控除の方法などが定められている。 なお、所得税法は改正でなく通達に

年金 税金
税金の還付を請求することもできます。 給与収入と年金収入の両方がある場合、給与が年末調整を受けてもそのなかに年金収入は含まれないので、別に確定申告を行う必要があります。 また企業年金では本人が在職中

個人 事業主 税金
一般に個人事業主は生計を一にする親族に給与を支払うことができませんが、青色申告ならば可能です。そしてこれは税制上相当に有利なことです。 まず、親族への給与所得控除が適用されるのでこれだけで課税される

ボーナス 税金
賞与という言葉で表されます ボーナスは給与の一種であり、給与所得に該当します。臨時収入といっても、ボーナスは一時所得ではありませんので、ご注意ください。 そしてボーナスは臨時収入という側面をもつゆえ

不動産 売却 税金
民税が課税されます。不動産の売却益は、給与などの所得とは合算されず分離課税されます。 この売却益からも、ほかの所得と同様に必要経費を引くことができます。 不動産の売却にあたっての必要経費は取得費と譲

土地 売却 税金
からの所得(たとえばサラリーマンならば給与所得)を総裁していきます。

土地と家の売却での残債額が1000万で給与所得が、続く3年間で300万ならば、300万+300万+

fx 税金
です。ただし雑所得のみです。山林所得、給与所得、譲渡所得、事業所得などとは合算できません。 5.ただし税金の税率については、他の所得と合算した額が累進税率の評価対象となります。FXの赤字の方は上述

賞与 税金
賞与と税金について。 賞与は給与の一種です。賞与に対してかかる税金はほぼ所得税と住民税のみと考えてよいでしょうから、これらの本サイトのサラリーマンの所得税と住民税についてのページを少し読んでおく


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。