所得税 住民税 について

所得税を源泉徴収する場合、従業員からは「扶養控除等(異動)申告書」を毎年一回、必ず提出してもらう。
これは、「給与所得の源泉徴収税額表(月額表)」から徴収すべき税額を求めるときに、扶養控除等申告書の提出があれば同表の「甲欄」を適用し、提出がない場合は同表の「乙欄」を適用することになり、扶養控除等申告書の提出の有無により、源泉徴収する所得税の額が異なるからである。
すなわち、乙欄より甲欄の税額が安いため、節税に繋がる。
ただし、従業員が2か所以上で働いている場合で、且つ主たる給与は他の勤務先である場合は、主たる給与の支払者に提出すれば良く、扶養控除等申告書を提出させる必要はない。


所得税 住民税に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。