所得税 確定申告 について

確定申告とは、納めるべき税額を自分で計算し、所定の書類に記入し、税務署へ届け出ること。日本の納税は申告納税といい、企業、個人を問わず、自己申告で行われる。
収入、経費、控除から、税率、課税対象額を決定し、これを特定書類に記入し、税務署に届けることになる。税額を申告するからといって、源泉所得などで、払いすぎた税金を戻してもらう。という目的もある(還付)。
また、確定申告書には、サラリーマンにとっての源泉徴収表と同様に、個人の所得や収入を一般に提示する重要書類となる、という側面もある。



所得税は、所得者自身が、その年の所得金額とこれに対する税額を計算し、これらを確定申告して納付する、いわゆる「申告納税制度」が建前とされている。

しかし、特定の所得については、その所得の支払者がその支払の際に所得税を徴収して納付する源泉徴収制度が、申告納税制度と共に採用されている。
この源泉徴収制度は、給与や利子、配当、税理士報酬などの所得を支払う者が、その所得を支払う際に所定の方法により所得税額を計算し、支払金額からその所得税額を差し引いて国に納付するというもの。

この制度により源泉徴収された所得税の額は、最終的にはその年の年末調整や確定申告によって精算される。
デザイナーや弁護士等の自由業である場合、報酬・料金等は所得税を源泉徴収された上で支払われることがあるが、この場合の収入は手取額ではなく、源泉徴収される前の総額が収入金額となる。


所得税 確定申告に関連するページ

所得税
の方、事業から獲得した利益がある方は、確定申告により各自で確定申告書を作成し、原則として翌年3月15日までに申告、納税しなければなりませんまた、医療費控除は、年間に支出した医療費を所得から控除できま

国税庁 確定申告 所得税
国税庁の確定申告書のオンライン作成コーナーについて 国税庁では、確定申告書をWebサイトから作成して、印刷できるサービスを提供している。 実際の確定申告には税務署から申告書を入手し、記入して提出する

源泉 所得税
用されることも多い。 サラリーマン等が確定申告をする場合、源泉徴収として既に納付済みの税金を、医療控除等の申請にもとづいて還付してもらうケースが多いが、この際にも必要な書類とな る。個人事業主や自営

所得税 源泉徴収
し、給与所得者でも源泉徴収だけでなく、確定申告をする必要のある場合がある。源泉徴収以外に確定申告をする必要があるケースは以下の通り。 1.給料と所得の年間収入合計額が2000万円を越える 2.給与所

所得税 確定申告
確定申告とは、納めるべき税額を自分で計算し、所定の書類に記入し、税務署へ届け出ること。日本の納税は申告納税といい、企業、個人を問わず、自己申告で行われる。 収入、経費、控除から、税率、課税対象額を決定

所得税 住民税
は所得額に応じて計算されます。所得税の確定申告を行えば、この情報を元に、税務署の方で住民税額の計算を行い、納税額の記入された支払いの書類を郵送してくれます。税金と言っても、所得税だけを指し示すわけで

所得税 計算 給与
。また、源泉徴収の天引き計算ではなく、確定申告の計算によらねばならないサラリーマンがいることにも注意が必要である。 計算の概要は、以下の通りである。 給与所得 給料・賃金・ボーナスなどについて計算

所得税 計算 給与
給与所得者も確定申告が必要になる場合がある。 「給与」は英語でいうと「サラリー」で、給与所得者=サラリーマン。 また、アルバイトやパートの賃金も給与所得であり、基本的にはこれらの形態で働く人みなが納税

所得税 定率減税
確定申告の必要がない人も、源泉徴収された税金や予定納税をした税金が年間の所得について計算した税金の額より多いときは、確定申告をすることによって、納め過ぎの税金が還付されます。 この申告を還付申告といい

所得税 確定申告書
確定申告とは、納めるべき税額を自分で計算し、所定の書類に記入し、税務署へ届け出ることですが、この書類とは一般に確定申告書と言われるものです。確定申告書には国税庁が決めた所定の書式があり、国税局で印刷さ

所得税 改正
ました。社会保険料控除の改正、により、確定申告により国民年金保険料等(※)に係る社会保険料控除の適用を受ける場合には、国民年金保険料等の支払をした旨を証する書類を、確定申告書を提出する際に添付又は提

所得税 減税
定率減税の適用を受けた上、最終的には、確定申告の際に定率減税額を精算することになります。個人住民税は所得割額の15%相当額(最高4万円)が減税になります(詳しくは市(区)町村の窓口にお尋ねください。

アルバイト 所得税
た記憶がある場合は、税金が戻ってくる(確定申告をすることで、国からお金が返される)場合が多いです。ただし、逆に、もしあなたが親などの扶養に入っている場合(一般的には、ほとんどのアルバイトの人が扶養に

所得税 月額表 税率
アルバイトや、フリーランスなどで、毎月の収入にバラツキのある場合、源泉徴収は毎月の支払いに対して行われるため、年間合計の収入で見てみると課税対象とならないのに、源泉徴収として税金が取られているケースがあります。この場合は確定申告を行うと、還付(国から税金の納めすぎが戻ってくる)場合があります。月額の源泉所得税計算は、弊社の源泉所得税計算サイトをご利用ください。

退職金 所得税
泉徴収されて納税が終了します。ただし、確定申告をすることで定率減税の適用があり、一部税金が戻る場合もあります。 「受給申告書」を提出しなかった場合は、支給のとき20%の所得税が徴収され確定申告が必要

所得税 問題点
すなわち、一般のサラリーマンは通常、確定申告を要しない。 確かに、所得税の源泉徴収は、適正な課税を担保し、納付の便宜、平準化などに資するために必要な制度である。ただ、社会共通の費用を分かち合うとい

所得税 修正申告
修正申告と更正の請求一度提出し確定申告書の計算違い等申告の間違いを、確定申告期限後に気づいた場合には、訂正する書類を提出しなければならない。このとき、修正の内容により取り扱いが異なる。 税額を少なく

所得税 納税申告制度
月15日の間に住所地を管轄する税務署に確定申告をする必要がある。 納税者の自発的な納税意欲と、納税者が継続的かつ正しい記帳を行い、その記帳に基づいて所得を計算するということが、申告納税制度が適正に機

事業所得 税
づいて作成した貸借対照表と損益計算書を確定申告書に添付して、提出期限内に提出している場合には65万円、それ以外の場合には10万円を所得金額から控除することができます。 ・事業に専ら従事している親族

所得税 配当
方税3%)の源泉徴収により納税が完了し確定申告は不要て?す。 申告したほうが有利になる場合は、申告することもできます(所得が少ない時)。非上場株式の配当については20%(国税)が源泉徴収されます。原

所得税 配当
税源泉徴収によって納税が行われるため、確定申告の必要はない。但し、所得が少ないなど申告したほうが有利になる場合は申告することもできる。 これに対し、非上場株式の配当については、20%が所得税源泉徴収

所得税 計算
るか異なってくる。 申告分離課税 確定申告によって、分離課税を行う場合。 損益を1年分合計して確定申告を行い、決められた税率にもとづいて税金を支払う。 山林所得、土地建物等の譲渡による譲渡所得、

源泉所得税
所得税の源泉徴収  所得税はその徴収に当たって、申告納税制度と源泉徴収制度を採用している。 すなわち、申告納税制度は、所得者自身が、その年の所得金額とこれに対する税額を計算し、これらを自主的に申告して納付する制度である。 これに対し、源泉徴収制度は、給与や利子、配当等の特定の所得の支払者が、所得支払時に所得税額を計算し、支払金額からその所得税額を差し引いて国に納付するというものである。 源泉徴収制度により徴収された所得税の額は、源泉分離課税を除いて、確定申告及び年末調整によって精算される。

所得税 控除
各所得控除制度の要件に当てはまる場合、所得金額からその所得控除が差し引かれる。 従って、税額は残りの金額を基礎に計算されることになる。 所得控除制度の種類は以下の通り。 ・雑損控除 ・医療費控除 ・社会保険料控除 ・小規模企業共済等掛金控除 ・生命保険料控除 ・損害保険料控除 ・寄附金控除 ・障害者控除 ・寡婦(寡夫)控除 ・勤労学生控除 ・配偶者控除 ・配偶者特別控除 ・扶養控除 ・基礎控除 このうち、一定の控除受ける為には、確定申告を行い税金の還付を受ける必要がある。

不動産 所得税
不動産所得とは、以下の貸付けによる所得をいう。 1.土地や建物などの不動産 2.地上権などの不動産に設定されている権利 3.船舶や航空機 不動産所得額の計算は、以下の通り。 総収入金額?必要経費=不動産所得額 ・総収入金額には、資産の貸付けの賃貸料収入の他、名義書換料・承諾料・頭金などの名目で受領するもの、敷金や保証金などのうち返還を要しないもの、共益費などの名目で受け取る電気代・水道代・掃除代などが含まれる。 ・必要経費とは、不動産収入を得るために必要な費用。賃貸住宅の固定資産税、賃貸住宅に係る損害保険料、賃貸住宅の減価償却費、賃貸住宅の修繕費が含まれる。 不動産所得は、給与所得などその他の所得と合計して総所得金額を求め、確定申告によって税額を計算する。

源泉徴収
義務者)が年末調整を行うか、国民自身で確定申告を行わない限り差額分が返ってこない、あるいは知らず知らず納めるべき金額の税を納めていないという事態が頻繁に発生してしまうことがあります。この問題に関して

源泉徴収票
している方でも、この源泉徴収票を使った確定申告によって税金が還付される場合も少なくありません。ここでは源泉徴収票の適格な活用の仕方について説明いたします。 源泉徴収票といわれてピンとこない方は、年末

源泉徴収税
源泉徴収税とは、給与を受ける度に引かれている所得税のことです。 いわゆる天引きのことだと思っていただいて結構です 源泉徴収の対象がほとんど所得税からということで、源泉所得税とも呼ばれます。 ではこの源泉徴収税はどのようにして決定されるのか。 まず、日払いか月払いかによって大きく異なります。これは算出に使う早見表自体が、日額表、月額表、と分かれていることからも明らかです。この計算方法と源泉徴収税額表(早見表)についての詳しい説明は弊社サイト内、該当項目をご参照ください またサラリーマンとして月毎に給料をもらっているのか、それともフリーの営業マンとして報酬で生活を立てているのかでも大きく違ってきます。 詳しくは弊社サイト内、源泉徴収の項などをご参照ください。 そもそも企業に限らず、従業員を雇っている給与の支払い者には、給与からあらかじめ源泉徴収した所得税を毎月税務署に納める義務があります。逆に言えば、給与を受ける側にはこの分の税を毎月企業に代行して支払う義務があるわけです。 ただしこの毎回の源泉徴収(天引き)に関しては、概算なので、年度末には年末調整あるいは確定申告の必要が生じてきます こちらについても、弊社サイトをご活用ください。

源泉徴収 税額
記されるので、この源泉徴収票を添付して確定申告して源泉徴収額の清算してください。 また月々の源泉徴収税額を、簡単に求められる源泉徴収税額表という早見表も国税庁によって作成されています。 企業はこれに

源泉徴収 計算
除のみで、その他の税額控除がある場合は確定申告で控除を受けることになります。 定率減税についてはこちらをご覧ください。///所得税 定率減税/// 住宅借入金特別控除についてはこちらをご覧ください

報酬 源泉徴収
を納める必要がないということではなく、確定申告の際に税金をまとめて納めなくてはならないということなので、源泉徴収の一つのメリットである税金の分割払いが、報酬制で働く一部の人にはできないということです

源泉徴収票 見方
源泉徴収票は収入のあるすべての人に等しく発行されるものであり、その見方もなるべく簡単につくられています。 専門的な見方をしなければわからないところはほとんどないといえるでしょう。支払金 額、源泉徴収税額、所得控除の額の合計額など、それぞれ項目ごとに見出しもついています。 源泉徴収票のサンプルはこちらになります。 源泉徴収票は、原則一年に一枚発行なので、源泉徴収税額はじめすべての項目はその年の合計金額になっています。 そのほか、控除に関する欄や中途退職かいなかを見る欄は、米印や○の有無で情報が表されます。 ここの見方でわかりづらいところとしては、乙丙欄の見方が挙げられるでしょうか。 乙丙の詳しい説明に関しては///源泉徴収税額表///をご参照ください。 受給者番号については、給与支払者(会社)が受給者ごとに番号を付けている場合のみ、その番号が記入されます。会社によっては番号のないケースも十分にあります。 企業が年末調整を行なわなかった場合は、その旨が欄外などに記載されます。 注意すべき点として、///基礎控除///が記載される欄がないので計算の際にはご注意ください。 ///医療費控除///、///雑損控除///、///寄付金控除///も源泉徴収票には記載されないためこれらの控除が発生している場合は確定申告をすれば税金が還ってくる可能性が高いでしょう。

退職所得 源泉徴収
源泉徴収によって納税が完了しますので、確定申告する必要はありません。ただし、退職所得の受給に関する申告書を提出し忘れた場合、一律で20%の税率で源泉徴収されてしまうので、確定申告すれば税金が還付され

源泉徴収 額
記されるので、この源泉徴収票を添付して確定申告して源泉徴収額の清算してください。また月々の源泉徴収額を、簡単に求められる源泉徴収税額表という早見表も国税庁によって作成されています。企業はこれによって

源泉徴収 アルバイト
として扶養に入っている方は、年末調整や確定申告によりその大部分が還ってくることになります。 具体的には年収103万円以下の場合、納めた(天引きされた)税金はすべて還ってきます。この数字に関しては、学

源泉徴収書
している方でも、この源泉徴収書を使った確定申告によって税金が還付される場合も少なくありません。ここでは源泉徴収書の適格な活用の仕方について説明いたします。源泉徴収書といわれてピンとこない方は、年末の

源泉徴収表 見方
源泉徴収表は収入のあるすべての人に等しく発行されるものであり、その見方もなるべく簡単につくられています。専門的な見方をしなければわからないところはほとんどないといえるでしょう。支払金額、源泉徴収税額、所得控除の額の合計額など、それぞれ項目ごとに見出しもついています。源泉徴収表のサンプルはこちらになります。源泉徴収票は、原則一年に一枚発行なので、源泉徴収税額はじめすべての項目はその年の合計金額になっています。そのほか、控除に関する欄や中途退職かいなかを見る欄は、米印や○の有無で情報が表されます。ここの見方でわかりづらいところとしては、乙丙欄の見方が挙げられるでしょうか。乙丙の詳しい説明に関しては///源泉徴収税額表///をご参照ください。受給者番号については、給与支払者(会社)が受給者ごとに番号を付けている場合のみ、その番号が記入されます。会社によっては番号のないケースも十分にあります。企業が年末調整を行なわなかった場合は、その旨が欄外などに記載されます。注意すべき点として、///基礎控除///が記載される欄がないので計算の際にはご注意ください。 ///医療費控除///、///雑損控除///、///寄付金控除///も源泉徴収表には記載されないためこれらの控除が発生している場合は確定申告をすれば税金が還ってくる可能性が高いでしょう。

パート 税金
として扶養に入っている方は、年末調整や確定申告によりその大部分が還ってきます。具体的には納めた(天引きされた)税金はすべて還ってきます。この数字に関しては、学生時代に熱心にバイトに励んだ方はうっすら

退職金 税金
源泉徴収によって納税が完了しますので、確定申告する必要はありません。ただし、退職所得の受給に関する申告書を提出し忘れた場合、一律で20%の税率で源泉徴収されてしまうので、確定申告すれば税金が還付され

株 税金
、平成15年4月以降は、源泉徴収のみで確定申告不要の源泉分離課税にするか、源泉徴収をされた上で配当控除を受けられる総合課税による確定申告にするかのどちらかを選択できます。 株で得た収入への控除に関し

年金 税金
控除や医療費控除があったりする場合には確定申告をして税金の還付を請求することもできます。 給与収入と年金収入の両方がある場合、給与が年末調整を受けてもそのなかに年金収入は含まれないので、別に確定申告

住宅 税金
時確認が必要です 還付税額は、初年分は確定申告の、2年目以降は年末調整対象年の年末時点でのローン残高に対するパーセンテージで決められます また、適用を受ける初年度には、サラリーマンでも確定申告をする

税金 扶養 控除
(異動)申告書を出し忘れた場合なども、確定申告により同じく控除を受けることができます。また、該当する扶養家族がいない場合もその旨を記載して提出するだけで源泉徴収税額表の乙欄の適用を受けられるので、し

土地 売却 税金
所得)があった年の翌年3月15日までに確定申告と税金の納税が必要
2.上述した土地の売却の特例の適用のためには各種の公的資料(謄本・抄本、住民票の写し、住民票など)が必要です。

fx 税金
所得として課税され、他の所得とあわせて確定申告をし、税金を納めます 3.FXでの利益が20万以下の場合は確定申告の必要がありません。(税金は払わなくてよいとおもってかまいません)r 4.FXで損

賞与 税金
も、自営業の人や会社(企業)と同様に、確定申告などで年間の収入に対して税金を計算してもいいわけですが、源泉徴収によって、給与などの支払が発生する都度に税金を国に支払うことが企業に対して義務付けられて


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。