不動産 売却 税金 について

不動産を売却したときに生じる利益は譲渡所得として、所得税と住民税が課税されます。不動産の売却益は、給与などの所得とは合算されず分離課税されます。
この売却益からも、ほかの所得と同様に必要経費を引くことができます。
不動産の売却にあたっての必要経費は取得費と譲渡費用の二つに大きく分けられます。
取得費とは不動産の購入代金や仲介手数料、取得後の改築費(タタミ替えなど通常の修繕費は対象となりません)、登記費用、不動産取得税、請負により建設させた場合にはその請負代金、契約書の印紙税などの合計金額になります。なお、家屋の取得費は滅価償却費を引いて計算します。取得費がわからないときや取得費が売却価格の5%未満のときは売却金額の5%を取得費として扱います。
一方、譲渡費用とは不動産を売却のための必要経費で、仲介手数料や登記登録費用、建物を取り壊しサラ地にして不動産を売却する場合にはその費用、不動産を借家にしていた場合には立ち退き料、などです。
一般にこれら必要経費を増やした方が税金が少なくてすみ、結果的に得になるケースが多いようです。


不動産 売却 税金に関連するページ

所得税 計算
所得税額の計算 所得税額を計算するための制度は、 総合課税制度、分離課税制度に分類できる。 総合課税 1年間の総所得金額から各種所得控除を差し引いた額に、税率かけて所得税額を算出する。所得税の累進課税の下では、所得が多いほど税率が高くなる。 分離課税 特定の所得を他の所得と合算せず、別に税率をかけて所得税額を算出する。利子、配当、事業、不動産所得がこれに該当し、サラリーマンの副業や不動産売却等一時的に得た所得が大きい場合に用いられる。分離課税制度には、源泉分離課税制度、申告分離課税制度がある。

不動産 税金
に頭に入れておいた方がよいでしょう。 不動産売却時に生じる税金である譲渡所得については///不動産 売却 税金///をご参照ください。 その他の不動産売買に関しては///不動産 売買 税金///をご


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。