個人 事業主 税金 について

個人事業主には所得税(または法人税)、住民税、///個人事業税///がかかります。
個人事業主として税金を納める場合、申告方法を///白色申告///にするか///青色申告///にするかで大きく納税額が変わってきます。
青色申告は記帳義務が生じる代わりに、税制上のメリットが多いといわれています
例えば一般に個人事業主は生計を一にする親族に給与を支払うことができませんが、青色申告ならば可能です。そしてこれは税制上相当に有利なことです。
まず、親族への給与所得控除が適用されるのでこれだけで課税される所得が大幅に減ります。さらに所得税はる累進課税なので、所得が個人事業主一人に集中する場合より税率ひいては税金が安く済みます。
さらに正規の簿記原則に則って帳簿書類に日々の取引を記録していれば所得から55万円を差し引くことができる青色申告特別控除の適用も受けられます
俗に、脱サラするなら個人経営より無理にでも法人化した方が税制上有利だという話が信じられているようですが、その限りでもありません。
それでも、個人事業主の節税を推し進める場合には、やはり法人化することも視野に入れて、よく検討なさってください。
また、雑所得が主な収入の個人事業主の方は///源泉徴収 報酬///もご参照ください。


個人 事業主 税金に関連するページ

源泉 所得税
多いが、この際にも必要な書類とな る。個人事業主や自営業の場合、青色専従者給与等を支払場合、「給与所得者」となる。この場合原則として翌月10日までに国に支払う義務がある。これを経費として納入すること

所得税 税率
原則として30%です。フリーランスや、個人事業主、自営業者などが、法人化を考える際などには、個人として累進課税に基づいて支払う税額と、法人での税額との兼ね合いで、所得が一定を超えた場合、法人化のメリ

所得税 住民税
得税だけを指し示すわけではなく、個人(個人事業主も含みます)の場合、住民税、事業税、固定資産税、消費税を納税します。法人はこれに加えて法人税も払います。所得税は国に納める税金ですが、住民税は「都道府

所得税 源泉徴収
サラリーマンとは会社と長期契約を結んだ個人事業主にほかならないわけで必要経費が発生していることは認められています。しかしその必要経費にいくらかかったとみなすかは税法で決められています。ちなみに衣服に

税金
整で完結してしまうわけではありません。個人事業主や企業の納税はさらに複雑です。 税制を知っているのと知らないのとでは納税額に少なくない差が生じます。 ことに不動産の相続税は任意税だとまでいわれること

個人 事業主 税金
個人事業主には所得税(または法人税)、住民税、///個人事業税///がかかります。 個人事業主として税金を納める場合、申告方法を///白色申告///にするか///青色申告///にするかで大きく納税額が


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。