住宅 税金 について

住宅を購入する場合には税制上、優遇が受けられます
代表的なものとしてまず住宅ローン控除が挙げられますが、この控除を受けるためには次の7つの条件が必要になります
1 合計所得金額が3000万円以下であること
2 ローンの返済期間が10年以上であること
3 取得または増改築をしてから6カ月以内に住むこと
住宅の床面戦機が50平方メートル以上であること
5 中古住宅の場合には、建築後20年以内、中古マンションの場合には建築後25年以内であること。または一定の新耐震基準の適用のある物件であること
6 増改築の場合、100万円を越える費用がかかっていること
7 店舗と住宅の併用建物の場合は、床面積の2分の1以上が居住用
これらの条件が合えば原則として土地購入にも適用されます。
注意していただきたいのが、住宅ローン控除の控除率は段階的に縮小される予定となっていることで、住宅取得時には、随時確認が必要です
還付税額は、初年分は確定申告の、2年目以降は年末調整対象年の年末時点でのローン残高に対するパーセンテージで決められます
また、適用を受ける初年度には、サラリーマンでも確定申告をする必要があります
なお、住宅ローン控除とは通称で、正式には住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除、といいます。
その他、マイホーム買い替え特例については不動産 売買 税金を、住宅を相続するときの税金に関しては///相続税///をご覧ください。


住宅 税金に関連するページ

所得税
点あるいは政策的に、青色申告特別控除や住宅ローン減税等の優遇措置が各種整備されています。 所得は,利子所得,配当所得,不動産所得,事業所得,給与所得,退職所得,雑所得,山林所得,一時所得,譲渡所得の

所得税 源泉徴収
.多額の医療費を支払った 3.借入金で住宅を新築・増改築又は購入した 4.災害・盗難・横領の被害を受けた 5.特定の寄付を行った この所得税源泉徴収制度は、当事者の相互チェックの下、確実に且つ正

所得税 計算 給与
サラリーマンの給与に課される所得税の計算 サラリーマンの所得税計算は、源泉徴収制度がとられているため計算手順が少し複雑になる。すなわち、給与からの天引き計算が行われた上で、誤差について年末調整による計算のし直しが行われることになる。また、源泉徴収の天引き計算ではなく、確定申告の計算によらねばならないサラリーマンがいることにも注意が必要である。 計算の概要は、以下の通りである。 給与所得 給料・賃金・ボーナスなどについて計算される所得のことを指す。サラリーマンが1年間にもらった給料やボーナスなどの収入金額から給与所得控除額を差し引いて計算した残りの金額が、給与所得の金額となる。 具体的な計算方法は、以下の通り。   収入金額-給与所得控除額または特定支出 給与所得控除額 給与所得控除額はサラリーマンの必要経費等に相当するもの。その金額に応じて、控除額は次のように計算される。 162.5万円以下の場合は、65万円。 162.5万円超180万円以下の場合は、年収×40%。 180万円超360万円以下の場合は、年収×30%+18万円。 360万円超660万円以下の場合は、年収×20%+54万円。 680万円超1000万円以下の場合は、年収×10%+120万円。 1000万円超の場合は、年収×5%+170万円。 源泉徴収と年末調整 給料やボーナスの支給を受けるときは、所得税が天引き計算され、年末調整で計算し直して精算される。なお、扶養親族に異動があった場合や生命保険料などを支払っている場合も、この年末調整で計算し直して精算される。 ただし、サラリーマンの中でも、確定申告による計算をしなければならない人と、確定申告による計算をすれば税金が戻る人がいる。これら確定申告による計算の必要がある人の条件を書き出すと以下のようになる。 確定申告による計算をしなければならない人 ・給料と賞与の年間収入合計が2000万円を超える人 ・給与所得と退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人 ・2カ所以上から給与をもらっている人 確定申告による計算をすれば税金が戻る人 ・年の途中で退職し,年末調整を受けていない人 ・多額の医療費を支払った人 ・借入金で住宅を新築・改造地区または購入した人 ・災害・盗難・横領の被害にあった人 ・特定の寄付をした人

所得税 控除
年末借入金残高に応じて、所得税について住宅借入金等特別控除(住宅ローン税額控除)を受けることができる。 この所得税控除の適用を受けるためには以下の条件をクリアする必要がある。 1.取得又は増改築の

所得税 定率減税
サラリーマンは、中途退職をした場合、住宅ローンがある場合、多額な医療費を支出した場合、寄付をした場合、配当所得がある場合、災害や盗難で資産の損害を受けた場合、などに還付申告がありえます。 還付申告

譲渡所得税
が10年以上であること 3.購入する住宅の床面積は一定の要件あり 相続等の居住用財産の買換え 1.譲渡する居住用財産は父母又は祖父母が居住して いたもので、これらの者から相続又は遺贈により取得

サラリーマン 所得税 計算
。サラリーマンは、中途退職をした場合、住宅ローンがある場合、多額な医療費を支出した場合、寄付をした場合、配当所得がある場合、災害や盗難で資産の損害を受けた場合、などに還付申告があり得ます。サラリーマ

所得税 経費
。 食費、公共料金等の生活費、娯楽費、住宅関連の地代家賃、固定資産税等。 家事・ 事業供用の経費 家事上の経費に関連する経費、つまり、家事上の経費でもあり、業務上の経費でもある経費。業務上の使用割

固定資産税
 固定資産税とは、地方税の一つであり、毎年1月1日に不動産(土地・建物)、及び事業に使用する機械などの所有者として、固定資産税課税台帳登録者に課税される税金。  税額は固定資産税課税台帳に登録されている固定資産税評価額の1.4%(標準税率)である。  新築住宅住宅用地については、固定資産税の軽減措置がある。

不動産 取得税
が、平成18年3月31日までに取得した住宅に対しては3%に引下げられている。不動産取得税については軽減措置があり、新築住宅(増改築を含む)、中古住宅(自己居住用等の条件あり)、住宅用地については一定

固定資産税 計算
ある。 ただし、軽減措置がある。 ・住宅用地に対する軽減措置  「小規模住宅用地」住宅1戸当たり200平方メートル以下の部分の敷地については、固定資産税の課税標準額が6分の1に軽減される。  「一

都市計画税
都市計画税の納税義務者は、課税対象となる土地又は家屋の所有者として、1月1日現在固定資産課税台帳に登録されている者。 都市計画税の納付時期は、6月、9月、12月、2月の年4回である。 第1期の納付月にお送りする納税通知書によって、各納期に納める。 都市計画税は固定資産税とあわせて課税される。 都市計画税の税額の計算は、 土地又は家屋の価格×税率 で行われる。 土地又は家屋の価格は固定資産税の課税標準となるべき価格である。 税率は0.3%を限度として、市町村の条例で定められる。 住宅用地に対する課税標準額の特例措置、負担水準の均衡化、免税点については、固定資産税と同様に定められている。

贈与税 住宅
住宅取得資金贈与制度  平成15年1月1日から平成19年12月31日までの間に20歳以上である子が親から自己の居住の用に供する一定の家屋を取得するための資金又は自己の居住の用に供する家屋の一定の増改築

贈与税 住宅
住宅取得資金贈与制度の対象となる家屋のうち、「一定の家屋」とは、次の要件を満たす日本国内にある家屋である。なお、居住の用に供する家屋が2以上ある場合には、その者が主として居住の用に供すると認められる一

贈与税 住宅
住宅取得資金贈与制度の対象となる家屋のうち、「一定の増改築」とは、 その者が所有し、居住の用に供している家屋について日本国内において行われる増築、改築、大規模の修繕、大規模の模様替その他の工事のうち一

不動産 取得税 軽減
不動産取得税の軽減(新築住宅) 以下の床面積(登記床面積ではなく現況の床面積)の要件に該当していれば、住宅価格(固定資産評価基準による評価額)から一定額が控除される。 一戸建住宅の場合 貸家以

不動産 取得税 軽減
不動産取得税の軽減(中古住宅)  以下の(1)から(3)のすべての要件に該当していれば、住宅価格(固定資産評価基準による評価額)から一定額が控除される。 (1)以下のいずれかの要件に該当するもの

不動産 取得税 軽減
不動産取得税の軽減(中古住宅) 2 控除額は、以下の通り。 取得した中古住宅の新築された日に応じた額で計算される。 昭和29年7月1日?昭和38年12月31日…100万円 昭和39年1月1日?

印紙税法 非課税
消費税は、原則として、国内において「事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡や貸付け及び役務の提供」並びに「輸入取引」を課税の対象する。  しかし、これらの取引であっても消費に負担を求める税としての性格から課税の対象としてなじまないものや社会政策的配慮から、課税しない非課税取引が定められている。 消費税のうち、非課税取引とされるのは以下の通りである。      ・税の性格から非課税としているもの   土地の譲渡及び貸付け   有価証券、支払手段の譲渡   貸付金等の利子、保険料等   郵便切手類、印紙、物品切手等の譲渡   行政手数料等、国際郵便為替等、外国為替取引 ・社会政策的配慮から非課税としているもの   医療保険各法等の医療   介護保険法の規定に基づく居宅サービス、施設サービス等   社会福祉事業法に規定する社会福祉事業及び社会福祉事業に類する事業等   助産   埋葬料、火葬料   身体障害者用物品の譲渡、貸付け等   一定の学校の授業料、入学金、施設設備費、学籍証明等手数料   教科書用図書の譲渡   住宅の貸付け

住宅取得 贈与税
2,000万円の配偶者控除(夫婦間での住宅住宅資金の贈与) 贈与税には、配偶者控除が設けられている。これは、夫婦間で居住用不動産またはその取得資金の贈与が行われた場合に、基礎控除110万円のほ

住宅取得 贈与税
住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例(相続時精算課税)とその要件 相続時精算課税制度とは、生前時の贈与の際の過度な税負担を軽減しつつ、相続の際に精算課税することで生前時の財産移転を促すことを目的

住宅取得 贈与税
住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例(相続時精算課税)の内容 1.相続時精算課税制度と従来通りの暦年課税制度を選択することが出来る。相続時精算課税制度を一旦選択した場合には、二度と暦年課税制度を

不動産 登録免許税
…2% 但し、個人が一定の要件を満たす住宅用家屋を購入した場合には,市区町村長などが発行する証明書を添付して,購入から1年以内に所有権移転登記を受けるものに限り,税率が0.3%に軽減される(租税特別

不動産 登録免許税
率は、原則として0.4% 但し、個人が住宅用家屋を新築し,又は一定の要件を満たす住宅用家屋を購入した場合には、市区町村長などが発行する証明書を添付して新築又は購入から1年以内に所有権保存登記を受ける

不動産 登録免許税
.4% 但し、個人が一定の要件を満たす住宅用家屋の購入資金の借入れのために設定する場合などは、税率が0.1%に軽減される。 不動産の登録免許税の計算(抵当権の抹消,所有権者の住所又は氏名の変更の登

固定資産税 土地
額が決定される)をもとに、課税標準額(住宅特例などの特例措置がある場合は特例後の額)に税率を乗じて計算される。計算式は以下の通り。 税額=課税標準額×税率(1.4/100) 但し、課税標準の合計

固定資産税 土地
額が決定される)をもとに、課税標準額(住宅特例などの特例措置がある場合は特例後の額)に税率を乗じて計算される。計算式は以下の通り。 税額=課税標準額×税率(1.4/100) 但し、課税標準の合計

税 faq
住宅を取得した場合、登記の有無にかかわらず不動産取得税が課税される。但し、相続による不動産取得は非課税。 不動産取得税の計算方法は、住宅について以下の通り。 (住宅) 課税標準額×3%=税額 課税標

不動産 所得税
不動産収入を得るために必要な費用。賃貸住宅の固定資産税、賃貸住宅に係る損害保険料、賃貸住宅の減価償却費、賃貸住宅の修繕費が含まれる。 不動産所得は、給与所得などその他の所得と合計して総所得金額を求め

固定資産税 計算 方法
固定資産税の税額の計算方法 固定資産税の税額は、全資産の課税標準額を合計した額に税率である1.4%を乗じて求める。(合計した課税標準額に千円未満の端数があるときは切り捨てる。固定資産税の税額に百円未満の端数があるときは切り捨てる。) 課税標準額は、固定資産税課税台帳に登録されている固定資産税評価額である。 但し、同一の人が所有する固定資産の課税標準額が次の金額に満たない場合には、課税されない。 土地…30万円 家屋…20万円 償却資産…150万円 また、住宅用土地に対する軽減措置、新築建物に対する軽減措置などがある。

源泉徴収票
個人情報の証明書ともいえるでしょう。 住宅ローンを組む際などにも、源泉徴収票が収入証明として使われるケースが非常に多いようです。 が、この大事な源泉徴収票を発行しない企業も一部にはあるようです。 源

源泉徴収 計算
この際に引かれる税額控除は2年目以降の住宅借入金等特別控除のみで、その他の税額控除がある場合は確定申告で控除を受けることになります。 定率減税についてはこちらをご覧ください。///所得税 定率減税/

源泉徴収書
な個人情報の証明書ともいえるでしょう。住宅ローンを組む際などにも、源泉徴収書が収入証明として使われるケースが非常に多いようです。が、この大事な源泉徴収書を発行しない企業も一部にはあるようです。源泉徴

税金 種類
うち市町村税として、市町村民税(///住宅税///)、///固定資産税///、///軽自動車税///などの種類があげられます。 地方税の間接税のうち市町村税として市町村たばこ税、入湯税などの種類があ

住宅 税金
住宅を購入する場合には税制上、優遇が受けられます 代表的なものとしてまず住宅ローン控除が挙げられますが、この控除を受けるためには次の7つの条件が必要になります 1 合計所得金額が3000万円以下である


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。