所得税 源泉徴収 について

サラリーマン等の給与所得者は通常、源泉徴収制度によって給料や賞与から所得税が天引きされる。
しかし、給与所得者でも源泉徴収だけでなく、確定申告をする必要のある場合がある。源泉徴収以外に確定申告をする必要があるケースは以下の通り。
1.給料と所得の年間収入合計額が2000万円を越える
2.給与所得と退職所得以外の所得金額の合計額が20万円を越える
3.2ヶ所以上から給与を得ている

源泉徴収以外に確定申告をすれば税金の一部について還付金を受けられるケースは以下の通り。
1.年の途中で退職し、年末調整を受けていない
2.多額の医療費を支払った
3.借入金で住宅を新築・増改築又は購入した
4.災害・盗難・横領の被害を受けた
5.特定の寄付を行った


この所得税源泉徴収制度は、当事者の相互チェックの下、確実に且つ正確な所得税徴収を行うことを目的としている。
この所得税源泉徴収制度では、年末調整により、扶養親族の異動や生命保険料の支払い等の所得控除を受けることが出来る。


所得税 源泉徴収に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。