源泉徴収表 見方 について

源泉徴収表は収入のあるすべての人に等しく発行されるものであり、その見方もなるべく簡単につくられています。専門的な見方をしなければわからないところはほとんどないといえるでしょう。支払金額、源泉徴収税額、所得控除の額の合計額など、それぞれ項目ごとに見出しもついています。源泉徴収表のサンプルはこちらになります。源泉徴収票は、原則一年に一枚発行なので、源泉徴収税額はじめすべての項目はその年の合計金額になっています。そのほか、控除に関する欄や中途退職かいなかを見る欄は、米印や○の有無で情報が表されます。ここの見方でわかりづらいところとしては、乙丙欄の見方が挙げられるでしょうか。乙丙の詳しい説明に関しては///源泉徴収税額表///をご参照ください。受給者番号については、給与支払者(会社)が受給者ごとに番号を付けている場合のみ、その番号が記入されます。会社によっては番号のないケースも十分にあります。企業が年末調整を行なわなかった場合は、その旨が欄外などに記載されます。注意すべき点として、///基礎控除///が記載される欄がないので計算の際にはご注意ください。 ///医療費控除///、///雑損控除///、///寄付金控除///も源泉徴収表には記載されないためこれらの控除が発生している場合は確定申告をすれば税金が還ってくる可能性が高いでしょう。


源泉徴収表 見方に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。