源泉徴収 額 について

毎月の給料から天引きされている月々の源泉徴収額は、そのまま源泉徴収額、という言葉のままでは皆様の生活に入ってくることはないと思います。給与明細表の控除欄に記載されている「所得税」の枠の数字、これが毎月の、仮の源泉徴収額になります。これがいわゆる、天引きに相当する金額です。また、源泉徴収額という言葉にはもう1つ大きな用法があり、それは源泉徴収票上で、一年間に納めた所得税の総額を指す場合です。その場合、通常は年末に企業から発行される源泉徴収票には年末調整により過不足の清算がなされた額が記載されます。しかし企業が社員の年末調整をしなかった場合、1月から12月まで源泉徴収された分の総額が記載されることになります。その際、年末調整の済んでいない旨も明記されるので、この源泉徴収票を添付して確定申告して源泉徴収額の清算してください。また月々の源泉徴収額を、簡単に求められる源泉徴収税額表という早見表も国税庁によって作成されています。企業はこれによって税務署に納めるべき源泉徴収額を容易に計算できますし、労働者は源泉徴収額が正確であるかチェックすることができます。源泉徴収額に関しては正社員の方、アルバイトの方、自営業の方、はたまた社会保険の加入の有無や日払い・月払い等の違いによって計算の仕方が異なってきますが、このサイト内では全てのケースをフォローしてあります。みなさん、ご自身に当てはまる項目をチェックしてみてください。特に派遣社員として日払いで働いている方は、源泉徴収額が本来納めるべき税金と比べかなり多くなった納めすぎのケースが非常に多いです。是非、弊社サイトをご活用なさってください。


源泉徴収 額に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。