源泉徴収 計算 について

源泉徴収額の計算方法は弊社サイトの多くの場で詳しく扱っています。
これらを参考しながら、源泉徴収と所得税との関係を整理してみましょう。
まず源泉徴収の際には税は概算で納められます。
計算方法は源泉徴収税額表を参考してください。///源泉徴収税額表///
そしてこの概算によって発生した誤差を精算するのが年末調整で、その際、会社が社員の確定税額を算出するために行なう計算は以下のようになります。
1 支給総額(給料、賞与などの合計)?収入から差し引かれる金額(給与所得控除または特定支出控除)=所得金額
この計算に関してはこちらをご参照ください。///所得と収入///
2 所得金額?所得から差し引かれる金額(所得控除など)=課税総所得金額
この計算に関してはこちらをご参照ください。///所得税 控除///
3 課税総所得金額×税率=所得税
この計算に関しては所得税の速算表や、こちらをご参照ください。///所得税率 計算///
3 所得税額?(税額控除+定率減税分)=確定税額
この際に引かれる税額控除は2年目以降の住宅借入金等特別控除のみで、その他の税額控除がある場合は確定申告で控除を受けることになります。
定率減税についてはこちらをご覧ください。///所得税 定率減税///
住宅借入金特別控除についてはこちらをご覧ください。///住宅借入金特別控除について適当なidのリンクが見つかりません///
そしてこの確定税額と源泉徴収額との過不足を計算し、還付あるいは徴収がなされることになります。
注意すべき点として、この確定税額は会社が把握しきれる範囲のものにすぎず、申告納税額はこれと異なる場合もあります。
特に年末に家族が増えた場合など計算に変更がでてきますので、よく確認してみてください。
なお、以上は給与所得の場合です。分離課税の計算についてはこちらをご覧ください。///分離課税///


源泉徴収 計算に関連するページ


税理士.tkは東京都市ヶ谷にあるアークス総合会計事務所によって運営されています。アークスは自社でもインターネット技術、会計の世界への情報技術の取り組みを行い、また、IT企業の会計監査などにも実績のある会計事務所です。企業・個人事業主様などの確定申告のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。